スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎と腹痛

腹痛には、いろいろなタイプがあります。「キリキリとさし込むような痛み」「お腹が張るような痛み」「間歇的な痛み」「持続的な痛み」などさまざまですです。このような「腹痛」に対しては、痛みのおこり方に注意して、適切な対応をすることが大切です。

普通「内臓痛」、「体性病」、「放散痛」の3つのタイプに分類されています。

内臓痛

多くの場合胃や腸、胆道、尿管、膀胱などの管腔性器管の平滑筋のけいれんによっておこるもので、胆石発作などが典型です。このような「内臓痛」は、強くなったり弱くなったり、断続的であることが多く、臨床的には「さし込むような腹痛」が間歇的におこる、いわゆる「仙痛」として出現するケースがしばしばみられます。
このほかに管腔臓器が過度に拡張し、壁が伸展して痛みをおこすケースや、肝、脾、膵、腎などの実質臓器の急性腫大などによって痛みがおこることもあります。このような「内臓痛」は急性胃炎や膵炎などでよくみられますが、臨床的には持続性の鈍痛や激痛として出現することが多いものです。
「内臓痛」には、仙痛様の腹痛がおこるものだけでなく、持続性の腹痛がおこるケースもあるわけですが、これらの「内臓痛」は、いずれも病辺部に局在的に出現することは少なく、腹部中央線およびその近辺に痛みを感じることが多いという特徴があります。

「体性痛」

内臓の壁側腹膜、腸間膜、横隔膜の辺縁部から生じるもので、最も典型的なのは腹膜炎の疼痛です。このような「体性痛」は「内臓痛」と違い、病変の部位に―致しておこることが多く、限局性で持続痛であるのが特徴です。「体性痛」の原因となる刺激としては、圧迫、牽引、捻転などの機械的刺激、酵素や毒素などの化学物質、炎症、充血、浮腫、壊死などが挙げられます。

「放散痛」

内臓からの疼痛をその部位ではなく、他の部位に投射して感じるもので、尿路結石をはじめ腹痛を訴えるケースではよくみられます。なお、疼痛がもとの「内臓痛」と全く離れたところにあるものは、「放散痛」と呼んでいます。また、もとの「内臓痛」とその「痛み」が、同―部位に重複しておこることもありますが、その場合は「関連痛」とよび「内臓痛」を見分けることは困難です。

様々なタイプの腹痛をある見分けるためには...

1どこが痛いか、2どのように痛いか、3どんな時に痛いか、の3点が重要ですです。医師につたえられるように自覚しておきましょう。これに随伴症状の有無などをチェックします。


痛み

疑われる疾患

「どこが

  痛いか」

右季肋部痛→胆石発作、胆嚢炎、急性胃炎、消化性潰瘍など
左上の腹部痛→膵炎など
不定の上腹部痛→慢性膵炎など
右下腹部痛→虫垂炎
右か左の下腹部痛→尿路結石、細菌性食中毒、赤痢など
「どのように
  痛むか」
仙痛+側腹部か下腹部の放散痛→尿路結石
仙痛+右肩や右背部の放散痛→尿道系結石
持続性腹痛(中等度以上)→急性炎症
疼痛が上腹部から右下腹部へ移動→虫垂炎
心窩部の不快感。疼痛から右季肋部へ移動→胆石
「どんな時に
  痛むか」
空腹時の疼痛→胃・十二指腸潰瘍
脂肪食後の疼痛→胆石発作や急性膵炎


その他の症状としては、心窩部痛では、狭心症や心筋梗塞などの心疾患が原因になっていることがあります。また、女性の場合の腹痛には「生理痛」もふくまれます


[ 2008/02/01 14:47 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/237-7f364c3c




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。