スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病名と薬

さてはて、あちこちで膵炎2月急増説が浮上しそうなくらい膵炎ブログマスターが倒れそうになっているなか、私も体育座りでキーを叩いています。

~~ 閑話休題 ~~

みなさんも健康保険制度を利用して受診されているとおもいます。私の場合ですと、自己負担は30%で、残り70%は病院から国民健康保険へ請求されるのです。この時、医療機関から社会保険診療報酬支払基金及び、国民健康保険団体連合会などに出されるのが、診療報酬明細書、レセプトと呼ばれるものです。

これに、病名が抜けていると医療機関は診療報酬を払ってもらえません。また、病名に対して薬の量が多すぎると、行った医療行為が不要であるもしくは、過剰医療であるとはんだんされてしまいます。

たとえば、フォイパン、あるいはフオイパンのジェネリック薬は通常、急性膵炎・慢性膵炎における急性症状の緩解、術後逆流性食道炎など以外には適応されませんので、胃炎の患者さんに処方しても医療機関は社会保険診療報酬支払基金及び、国民健康保険団体連合会などから代金をちょうだいできないのです。

また、使用できる量も決まっていて、膵炎の場合、フォイパンだと600mg/1日、
FOYだと300mg/1日などと定められていて、超える分は過剰診療として切られてしまいます。

このレセプトは300円の手数料と約1ヶ月の期間で開示請求できます(国民健康保険の場合)、今年も変わっていなければ必要な物は健康保険証と本人確認だけだったと思います。受け取りも郵送で出来るので(切手代は必要)みなさんも御自分の診療内容の把握のために請求してみてはいかがでしょう?
急性で入院した時のレセプトなどを見返していると感慨深いものがあります。(笑)

[ 2008/02/01 02:27 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(6)
あぃ。
起き上がりこぶしで上手に起き上がってきたトロロです。

読みながら、感心してしまいました。
倒れそうになりながら、こうした記事を有難うございます。
毎度、毎度感謝してます。ホントに。お世辞じゃなく。マジで←しつこい?
で、その後、体調はいかがですか?
殺到してたお友達要請は落ち着きを見せ始めましたか?
そんな中、トロロが要請しにいきます。男では初?
[ 2008/02/01 14:15 ] [ 編集 ]
(゚⊿゚)
初じゃないですよ(笑)

本日特攻攻撃を敢行するに当たって、初診にいや、初心に戻って真面目なものをあげておきました。
それでは出撃準備にかかります。<(`^´)>
[ 2008/02/01 15:17 ] [ 編集 ]
薬といえば
フサンは確か1日20mgだったような気がするんだけど、(30mgだったかな?)入院中、1日40mg使ってたので、どうなってるんだろう、と少々不安になりました
重症急性膵炎で自己負担が0になって以来、いくら保険を使ってるのかさっぱりわかりません
ICUに入った11月だけでも開示請求してみようかな
[ 2008/02/02 00:35 ] [ 編集 ]
ちゃんと全部見てるのか疑問??
私が1年以上入院していた時は、FOYのゾロですが。。。
激痛になると、500mgなんて常に使ってました。
でも、入院費には、変わりなく。。。

300mgより少なく使用している期間の方が、短かったような。。。
ってコトは、病院側の負担ということですね。。
公立病院だからかしらん←ずさん?
[ 2008/02/02 07:34 ] [ 編集 ]
多分・・・
>めっしーさん
私もFOYのゾロ(レミナロン)は1日1000mgを使ってたこともあります
多分、保険でひっかかるのは先発品だけでは?←高いから
ただ、大病院は保険でひっかかっても治療のために保険で決められた容量以上を使うことはよくある、と看護師さんに聞きました
[ 2008/02/02 13:38 ] [ 編集 ]
特許期限が切れるとゾロゾロでてくるからゾロ
あゆさん、めっしーさん
入院の場合は、2年前から実施されている包括評価(DPC方式)だと、病名に対し、1日当たりの定額の点数からなる包括評価の範囲(投薬料、注射料、入院料等)と出来高評価の範囲(手術料、麻酔料等)を組み合わせて診療費を計算していますから、極量を超えて保険審査で切られるというよりも、薬価の積み重ねで1日当たりの定額を超えてしまうと赤字になるのではないでしょうか?

この場合ですと、ゾロを使えば大量に投与しても診療報酬上はまかなえる事になります。通院点滴などですと、包括評価(DPC方式)ではなくて、従来の出来高積み上げ方式で計算されるので、使用量にひっかかると思います。

重症膵炎やDICの場合ですと、投与量をけっちって万一の事態になると医療訴訟で不利になるので、病院の方針として当初から大量投与を掲げているところが多いようです。

私の通っている病院は、DPCなのにゾロを使わない主義なのでいつも赤字らしいです。(税金で補填されているところもあるのでしょうが)
特に急性膵炎患者などはゾロを使わないと、赤字も大赤字の患者になっていそうです。小心者の私は気を使って、入院時はいつも小さくなっています。(笑)
[ 2008/02/02 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/235-8d3d0a55




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。