スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎 インスリン分泌「幹細胞」発見

【ワシントン=増満浩志】血糖値を下げるインスリンを分泌する膵臓(すいぞう)のベータ細胞のもとになる幹細胞を、ベルギーなどの研究チームがマウスで見つけた。幹細胞が人間でも見つかれば、ベータ細胞の破壊で起こる1型糖尿病の治療の可能性も広がる。科学誌セル最新号に発表された。

 肝臓や血球など体の様々な細胞は、それぞれに特有の幹細胞から作られるが、ベータ細胞の幹細胞は見つかっていなかった。研究チームは成熟したマウスを使った実験で、傷ついた膵臓ではベータ細胞が増えることを発見。その仕組みを詳しく調べ、分泌物を運ぶ導管の近くに幹細胞を見つけた。ベータ細胞を含む「ランゲルハンス島」(膵島(すいとう))の様々な細胞を生み出すらしい。

 糖尿病の治療では、膵島移植が行われるが、膵島を培養して増やさなければならない。幹細胞の発見で膵島移植が効率よく実施できると期待される。


               (2008年1月26日13時11分 読売新聞)

膵機能の荒廃が進むと膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンが不足し、血糖値が高い状態が続きます。進行すると、失明や腎臓障害などの合併症が起きます。

インスリンは、膵臓の膵島(ランゲルハンス島)と呼ばれる細胞の塊の中にあるβ細胞で作られ、この細胞が徐々に破壊されると、インスリンが分泌されなくなります。こうした重症患者に、臓器提供者から心肺停止後に採取した膵島を移植するのが膵島移植です。

 海外では、膵島移植は約30年前に始まったが、移植したβ細胞はなかなか定着しませんでした。しかし、2000年にカナダ・アルバータ大が成功率を飛躍的に高める手法を開発する事に成功しました。

 日本でも、移植医らの「膵・膵島移植研究会」を中心に、この治療法を実施する準備が進み、最初の移植が2004年4月、冒頭の女性に京大病院で行われました。

 膵島移植はまず、臓器提供者から摘出した膵臓組織を酵素でばらばらにし、膵島だけを回収します。健康な人には約100万個の膵島がありますが、京大では約40万個集めることに成功。これを、患者の肝臓にある門脈と呼ばれる血管に点滴注射します。門脈内が最も膵島が定着しやすいためです。定着した膵島は、血糖値の増減を感知してインスリンを分泌するようになります。

 1か月ほど入院して治療し、通常は1回の移植で血糖コントロールが大幅に改善するようになります。インスリン注射からの解放を目指し、3回まで移植を行います。京大では、2005年までに7人に延べ14回の移植を行い、この女性ら2人はインスリン注射が不要となり、それ以外の人も血糖値が改善したようです。

 糖尿病の根治療法には既に、脳死者から膵臓そのものを移植する膵臓移植がある。1回の治療でインスリンが不要になるなど効果は高い反面、手術が複雑なうえ、強力な免疫抑制剤が必要で、患者の体の負担が大きい。

 京大膵島移植チームリーダーの松本慎一さんは「膵臓移植に比べ、メスを使わず、局所麻酔で1時間弱で終わる膵島移植は、患者の負担が非常に小さい」と説明されています。

 ただ、膵島移植の場合も免疫抑制剤は必要で、口内炎や高コレステロール血症などの副作用がり、インスリンが不要になっても、数年後に再び必要になる場合もあります。

 移植の対象は、75歳以下で、インスリン分泌がほとんどなく、血糖コントロールが難しい人。保険は適用されず、京大では研究費で賄っている。京大は現在、高度先進医療に申請中で、認められれば約300万円の患者負担となる予定です。

 膵島移植は、千葉市の千葉東病院でも2人に、神戸大で1人に行われています。

 脳死者からの膵臓移植は、臓器移植法施行後、約20例にとどまり、提供者不足が大きな課題だ。最近では、生体肝移植のように、親族などから膵臓の約半分を摘出して移植する試みも始まっています。生体膵臓移植が千葉東病院と大阪大で、生体膵島移植は京大で行われており、今後、広まる可能性もあります。

 また、最近よく取り上げられている万能細胞が実用化され、ベータ細胞を含む「ランゲルハンス島」(膵島(すいとう))の様々な細胞が増殖できるようになれば、飛躍的に広まるものと思われます。

膵島移植実施が認られている設備・技術を有する施設は以下の通りです

東北大(仙台市) 
福島県立医大(福島市) 
千葉東病院(千葉市) 
京都大(京都市)   
神戸大(神戸市) 
福岡大(福岡市)

[ 2008/01/28 01:37 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/228-fd7c85af




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。