スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎疑

今日は病院で点滴を受けている間、私の育てた(笑)研修医から医師になりたての子と話していました。

この子は印象に残る膵炎患者を見てきていますので、胃炎や腸炎を疑うのと同じ感覚で膵炎を頭の中に入れているようですが、まだ自分で膵炎と診断したのは急性膵炎のみのようです。

さそりのらびりんす~姫のおたわむれ~さんにもコメントしましたが、慢性膵炎疑の患者は、糖尿病・高血圧症の初期のように予防医学として確立させても良いのではないかと、話をしていました。

1.食事管理など進行を遅らせる事の出来る管理方法が確立している
2.膵炎である事をしらずに飲んだ薬で悪化させる可能性がある
3.画像診断の出来ない状態で膵炎と確診してしまうと、他の疾患を見逃してしまう。
4.慢性膵炎の薬は、他の胃腸病と共通するものが多い
5.急性増悪が起こってしまったときの対処が迅速に出来る
6.定期的な膵検査によって他の膵疾患の早期発見が出来る

このような理由から、慢性膵炎予備軍として予防医学で対処できるようにした方が、大きな病院の負担も減るのではないでしょうか?

もっとも、病態が様々な膵臓をみることが出来る医師が少ないので、患者側も医師を育てていく姿勢が必要だと思われます。この点、某地方には言いたい事をいい聞きたい事をきけるおばちゃんが多いので名医を育てる風土があるかもしれないです。

[ 2008/01/27 23:24 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(10)
他疾患との区別
これは大事ですよね
私も膵臓以外の疾患の可能性を求め?ありとあらゆる検査をされました。(婦人科こみ)
結果が膵臓しか残らなかったのよね
膵炎で痛む場所も人によって様々だし、触診だけで膵炎と診断されるのも、危険だな、とも思います
一番良いのは、開業医のレベルをあげて貰うことかなぁ。
それで、うまく大病院と連携を取れれば、大病院の負担もへるかも。
私の担当医も研修医あがりだけど、意外に膵炎について詳しいです。
あみちゃんのような患者さんに育てられたのかな(笑)
[ 2008/01/27 23:48 ] [ 編集 ]
開業医のレベルを上げるのは理想ですが、難しいでしょうね。
名医と呼ばれる医師が特定機能病院だけでなく、総合病院クラスに多いと言われるのも一番自由に診療できるからではないでしょうか?
医師は患者が育てるとも言われますからね。
きっと、あゆさんも記憶に残る患者になっていますよ。(笑)
[ 2008/01/28 00:19 ] [ 編集 ]
開業医
このレベルを上げるのは、とても大変なように感じます。

私が通院している主治医の場合は、私に「慢性膵炎です」と言ってひととおりの薬を出した後、数週間たってあまりにも落ち込んだ私をみて、手に負えないと思ったのか、「開業医レベルでは、できることも限られていますから、近くの総合病院に紹介もできますよ」と言いました。

詳しくはきのこさんのブログに書きましたが、CTもやらないで、リパーゼが50を少しこえた程度で、もう一度「私の状態でも慢性膵炎なんですか?」と聞いた私に、はっきりと慢性膵炎ですと言いました。

あー、でもその後、劇痩せした私に、この程度の慢性膵炎なら治るから、そんなに心配しないで・・・とも言いましたね。
今更言われても、もう遅いよ、と思いましたが。

でも、今回のamyさんの記事を見ていると、(1.)にあったように、あれから2年、それまでとは全く違う食生活になって、中性脂肪の値も、食後血糖値の値も改善されて、それは良かったことかと、思いました。

やっぱり、私が一番残念に思うことは、「慢性膵炎疑」という領域?があることを教えてもらいたかった。
あゆさんや、きのこさんのブログで教えてもらったことを最初から医者の口から聞いていれば、安定剤無しでは生活できない程にはなっていなかったと思うし、「ママはいつ死ぬかわからないんだから、自分のことは自分でしなさい!」なんて、子供をおびえさせることもなかったのに(涙)
でもこれは、先生のせいではなく、自分の弱さたる所以ですが(涙Ⅱ)

ところでamyさん。。。

私が、なんでこんなにバカバカしく毎日悩んでいるかわからないとは思いますが(あまりにバカすぎて自分でもわからなくなってきました)、一体私はどうしたらいいのでしょう・・・
(我ながらすごい質問だ)

今の、胃腸科開業医で薬をもらい続けるか、総合病院にいくか、膵炎の名病院にものっていた大学病院に行くか。

もし総合病院に行ったとして、CTとったり、エコーしたりした結果、慢性膵炎と確認されても、もらう薬は今と同じだと思うんですが。
それでも、行ったほうがいいのでしょうか。

ごめんなさい、こんなこと聞かれても困りますよね。
[ 2008/01/29 11:42 ] [ 編集 ]
質問の内容が多岐に渡りますので、分割しますね。
私の周りににも開業医が多いのですが、彼らには経営という課題を抱えています。この場合、慢性患者はいい固定客になるのです。このあたりは、別記事、別コメントですでに記述してあるとおりです。もちろん、いわゆる赤ひげ先生のような方もいますが、残念ながら少数のように思います。

*急性の場合は開業医レベルではとうてい手に負えないので慢性膵炎に限定してコメントしますね。

おかゆさんの話の通りですと、医師の説明が不足しているなと感じました。私なんかにとっては、確診・準確診・疑と段階があるのは分かりますが、多くの患者さんは慢性膵炎とだけ告げられれば絶望を感じるものですよね。

自身でこれを調べて医師とすり合わせていく事までを患者に求めるのは無理だと私は思います。確かに、いろいろな情報を取捨して医師と立ち向かえる患者の方も増えてきたとは思いますし、それが理想でしょう。しかし、基準は病気の知識のない患者さんに現在の進行状況、将来の見立てを説明するのは医師の側の責任だと思います。
それは、こういう書籍を読んで見たらとか、こういうサイトがありますよ。レベルでもいいと思うのです。患者に手がかり取っ掛かりを示唆するだけで状況はずいぶん違ってくると思います。

しかし、素晴らしい事は、
>中性脂肪の値も、食後血糖値の値も改善されて
まさに一病息災ですね。自己管理という習慣を身につけられたのは、その他のすべてに勝るアドバンテージだと思います。慢性膵炎疑と上の二つを比べて見れば今後の生活の上でこれを予防できるきっかけになった意義はとても大きいと思います。

さて、最後のどうしたらいいか?
俗な言葉で言えば、物事なるようにしかならない、笑う門には福来る、人事を尽くして天命を待つでしょうか。

おかゆさんの進行具合がわかりませんが、中性脂肪、血糖値とも改善された状態なら、おかゆさんの主治医=SelfDoctor=おかゆさんは名医であるとおもいます。

症状のレベルがコントールできるところで治まっているなら現状でよいと思います。が、急性増悪の可能性はあるのですから半年に一度くらいの割合で定期健診を総合病院で受けられるのがいいかと思います。
確かに、やる事はMRCPが追加になるくらいで、たいした違いはないかもしれませんが、自身の身体のメンテナンスのために自己投資しているのだと思えば気が楽です。緊急時にも役立ちますしね。

蛇足ではありますが
>子供をおびえさせることもなかったのに(涙)
いい母親であるか、いい父親あるかを決めるのはお子様です。同様にいいパートーナー、仕事関係でもそうです。
自分の評価を自分で決める事はあまり良くないとおもいます。自分の出来る事をやっいれば、やってしまえば、後の評価は自分には関係のない事だとおもいます。
お子様にとっては何があろうと素敵な母親だと写っていることだと思います。もっともそれが表面に現れるのは少し先のことでしょうが。

推敲せずの一気書きですので意味不明な所が多いと思いますので、再度のご質問をお待ちしております。
[ 2008/01/29 12:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
私の、訳のわからない質問への答えに時間を割いていただいて、本当に申し訳ないです。そしてありがとうございます。

そうですね。総合病院へ結果を聞きに行くと、210円です。。。と言われてびっくりします(あ、もちろん膵炎関係ではありません)。

そして、いつもの開業医へ行くと、1,300円。
診察無しで、処方箋だけもらっても、もちろん変わらず1,300円。
駐車場には、いつもベンツが2台とまってますね~。

日曜日の夕方から、急に気持ち悪くなり、昨日、その開業医へ。

薬を多く出したり、血液検査をしたりすると、どこからかチェックが入るらしく、消化剤をだしてもらうのにも困った顔をされました。
「慢性膵炎だといったのは先生でしょ~、消化剤くらいだしてよ!」・・・とツッコミたくなりましたよ(笑)

でも、私くらいの症状だと、やっぱり、すいててちょこっと診て貰える開業医は、必要なんですよね。

そしてまた、amyさんのおっしゃるように、総合病院の必要性も感じています。

いつも、行かなくちゃ、と思いつつ、躊躇していた総合病院ですが、自分のためですもんね、行ってみます。
今は、インフルをうつされると困るので、春になったら(爆)

実は、4年ほど前に、総合病院に行ったことがあるんです。
別の病院で、PET検査を受けたら、すい臓がんの腫瘍マーカーが軽度上昇で・・・

総合病院では、血液検査も異常なし、MRCPは写りがイマイチで、よくわかりません、と言われました^^;

担当医は、「よかったですね、すい臓がんではなくて。血液検査の結果が出るまで心配だったでしょう」と言ってニコッと笑って終わり。次の予約とかはなしでした。
定期的に来て下さい、とは言わないものなんですね。

。。。とにかく、笑う門には福来る、で、がんばりたいと思います。

昨日も、息子に大きな声で怒ったので、その影響か、娘がなかなか寝付かず、「ママー、こっち向いて。おててつないで。ママんとこで寝る。」と色々言いました。
おでこをなでなでしていたら、すぐに寝てしまいましたが。

余りに母親としての責任を重く感じすぎていて、がんばりすぎなのかもしれません。
ただ、笑っていてやれればいいのですが、現実はなかなかそうは行かなくて。

おーっと、また始まってしまいました^^;

でも、子供のことでも、amyさんに声をかけてもらえて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。
[ 2008/01/29 17:50 ] [ 編集 ]
開業医か総合病院か
>おかゆさん
私と真逆の不安な日常を過ごしてこられたんですね
私は画像に異常がないから「おそらく膵炎でしょうが、確定はできない」と言われ、こんなことあるのかしら?と思って、ネットを調べまくり、色んな膵臓の本を読みました
また姉が医療関係だったので、姉の友達の看護師さんに聞いたりして、膵炎には準確診や疑診があることがわかりました。
慢性膵炎にはCTは絶対必要だと思います
退院前に主治医も「やっぱりCTが膵臓の状態が一番よくわかるね」と仰ってましたし。
膵炎の名医と呼ばれるお医者様のいるような大病院では、確定診断がおりるレベルか準確診レベルでないと、見ていただけない可能性もあるかと思います
だから、まずは総合病院でCT等の検査を受けてみられてはいかがでしょうか?
画像に異常がないことがわかれば、膵臓はまだまだ大丈夫ということで、安心感も生まれるかもしれませんし(^^)
ただし、画像に異常がなくても、食事療法は大事だっ思います
[ 2008/01/29 17:50 ] [ 編集 ]
おかゆさん
あゆさんの書かれている通り、CTは撮っておかれた方が良いですよ。何も異常がなければ、それに越した事はありませんから。そして、食事療法は大事ですよ。他の病気の予防にもなりますからね。

責任感が強いと色々考えてしまいますよね。私は植木等、高田純次の後を次ぐ日本一の無責任を目指しているので、こんなバカバカブログで(ん?何かと似てる)良かったらテキトーにストレス発散に使ってください。
[ 2008/01/30 03:05 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
>あゆさん

悩んでばかりいてもどうしようもないのに、全く困ったチャンですよね。
あみさんも、ネットで色々と調べたんですね。
私は、その中で、「余命7年説」にやられてしまいました。
完全にノックアウトされちゃいました^^;

そうですね、総合病院に行ってみます。

この2年間で、まだ一度もCTをやったことがないし、エコーも最初に開業医でやった一回だけですし。

前にも、書きましたが、「どうせ早死になら、好きなもん食って死んでやるー」と思っていたのですが(おバカ)、自分で「中性脂肪や血糖値の値が下がった」とコメを書いていて、あらためてわかることってあるんですね。

自分で食事制限をして、良い結果がでていたのに、「慢性膵炎だ」と言われただけで、他のことが見えずにいたんですね。

夏以降、ちょっとハメを外してしまっていましたが、これからは、またがんばっていこうと思っています^^


>amyさん

いつもありがとうございます。

私・・・今度生まれ変わったら、高田純次になりたい!と本気で思っているんですよ~(爆)
[ 2008/02/01 14:28 ] [ 編集 ]
余命7年
>おかゆさん
余命7年のネット記事、私も読みましたよ
最初はショックでした・・・というか、びっくりしました。
でも、それは慢性膵炎の確定診断がおりた人のことで、しかもアルコール性が大半らしい、ということがわかって落ち着きました
おかゆさんの膵炎もきっと疑診レベルじゃないかしら
それなら、amyちゃんの言うようにselfーdoctorで治せるor付き合っていけるレベルだと思うので、一緒に頑張りましょう(^^)
[ 2008/02/02 00:43 ] [ 編集 ]
あゆさん
あゆさんも読みましたか・・・^^;

それなのに、そこからきちんと良い情報も取り入れて、

私のようなおバカさんにならなかったなんて、凄いです。

amyさんにも名医だとお褒めの言葉を頂いたことだし?

不安ばかりの毎日にならないよう、楽しく食事療法もがんばり

たいです^^

これからも、アドバイスなど、どうぞよろしくお願いします。
[ 2008/02/02 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/225-4c65f333




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。