スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎 NUD(non ulcer dyspepsia)  2

慢性膵炎はNDU以外にも色々な疾患に症状が似ています。

悪く考えれば、慢性膵炎専門医などという看板を大都市で掲げれば...

慢性膵炎で処方される薬は、ほぼ決まっています。

蛋白分解酵素阻害薬:フオイパン、カモストン、メシタットなど

鎮痙薬:チアトン、ブスコパン、コリオパン、セスデン、コスパノン、など

消化薬:ベリチーム、エクセラーゼ、ストミラーゼなど

H2ブロッカー:タガメット、ザンタック、ガスター、アルタット、など

痛み止めとしては、ロキソニン、ボルタレンなどが一般的です。

ん、似ていますね。蛋白分解酵素阻害薬以外はほとんどの消化器系疾患によく処方される薬です。しかも、蛋白分解酵素阻害薬は効く人には効いて、非常に福作用の少ない安全な薬とされています。

戸惑われる方もいらっしゃるかと思いますが、総合病院等で検査数値、画像とも異常がない患者さんが流れてきても、初診時に触診で、慢性膵炎疑の診断をして投薬する開業医の方もちらほらとききます。たとえば、この患者さんが慢性膵炎でなくNDUであったとしても、処方される薬は蛋白分解酵素阻害薬以外は一緒です。でも診断は慢性膵炎疑。

よく言うところの、医者の算術に取り込まれてしまった状態です。

なにも情報を得られなかった時代なら仕方ありませんが、これだけ情報があふれている世の中です。患者も自分の疾患に対して勉強することが必要です。
病院まかせの操り人形ではいけません。自分で納得して診断にむかおうと格闘しましょう。

とある、MRの話では、膵炎患者が痩せるのを引き合いに、数々の薬を処方している美容クリニックがあるそうです。何人かの患者から了承を得ているのでクレーム付けに行ってきます。おぃ、東○○医師法違反やろ!MRからサンプルくすねてくばりやがって!女の子達にボッタクリ治療費返さないとつぶすぞ!

[ 2008/01/18 18:00 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(2)
マジですか!?
そんな医者がいるのでしょうか?
今の時代病院経営も大変だから少しでも稼ごうと言う魂胆が見えるともううんざりしますよね。
逆に総合病院のあまり経営にタッチしていない医者は患者や国の医療費軽減のアドバイスをしてくれる方もいますが…。
患者が賢くならなきゃだめですね。
それにしても女性のヤセ願望を悪用すると許せないですね!
ホントに戦ってきそうなamylaseさん。
健闘を祈ります!
リンクありがとうございました。
[ 2008/01/18 18:19 ] [ 編集 ]
勝手に…
amylaseさん。先ほど戴いたamylaseさんからコメント、例の荒らしでお困りの方に紹介してあげちゃいました。
よほどお困りのようでいろいろ追求されたようです。
楽しんでブログれてるマリオは幸せなのね(シミジミ…)
ではではおやすみなさいませ~~(-_-)zzz
[ 2008/01/19 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/202-524e8ad6




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。