スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎 ちょっと痛い

退院四日目にして、ちょとみぞおちが痛いです。ちきんとした、もといきちんとした食生活はしているのですが。

お寿司やさんでいきのいい魚を指差して「しにたてピチピチ」と言うのは、なにわのモーツアルトで育ったなにわガールにはデフォルトのようです。

また、電車の中では、

子供「ママおしっこ」

ママ「どうしてもっと早く言わへんのっ!」

すると子供は、早口で「ママッおしっこ」と返します。

体育会系の会社では
私がやらなきゃ誰やるっ!」と叫びますが、
膵炎患者は
私がやらなきゃ誰やるっ!」と叫びます。

膵炎患者は病院で
「すぐに入院してもらいます」と言われてもやおら入院グッズを差し出しにっこり笑い返しますが、素人は
「今、ちょっと体の具合が悪いので、少し延ばしてもらえませんか」と言ってしまいます。

某ブログでは間違えやすい言葉が枕になっているそうですが、

次は、「カルボナーラ」と「ボラギノール」でしょうか?
さんしょううお」と「さんごしょう」?

そう言えば、電気カミソリじじいはよく言ってました。
.
孫はアメリカへホームレスに行ってるんや、すごいやろ

ますだおかだ岡田真澄と何の関係もありません。キッチンチキンも似ているようですが微妙に違います。

ごぶたさ OR ごぶさた? うらまやしい OR うらやましい?
したづつみ OR したつづみ? はらだたしい OR はらただしい?

笑いが1票上回っていたのやっつけ仕事で書いてみました。

ーーー 閑話休題 ---

ひでおさん、きっとそれです。あんまり当てにならないようですね。
数値が上がってる間は大丈夫でしょう。と、勝手に思っています。(笑)

マリオガールさん、ホントですね。やっぱり人生は愛ですね。
愛のあふれる記事を書こうと思っていたら、笑いが一等上でした。

おかゆさん、はじめまして。よろしくお願いします。

ずいぶん褒めていただきましたが、あまり先の事を考えてないだけです(^_^.)
平均はあくまで平均ですからね。気にせず行きましょう!
私なんて、平均より悪いって主治医に言われましたけど、気にしてません。
気にしちゃうと膵臓に悪いですからね。
痛みさえコントールできれば、そう捨てたもんでもないです。
ただ、この痛みが凶悪なのが辛いところですが。(/_;)

あせらず、ぼちぼち行きましょう。そのうち特効薬が出てくるかもしれませんしね。チエコさんのコメントにあるように、逆手にとって楽に行きましょう。えーっと、関西人がいい事言ってたんだけど、忘れちゃいました。(大汗
体重増加の秘訣など、また気が向いたらコメント入れてください。

[ 2008/01/16 01:27 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(23)
あい。
お呼びで?
退院4日目のamyしゃんは5時間しか眠ってないので今はi-184のようですな~。

amyしゃんの頭脳にはどうやっても勝てないので、
ここはあえて逆におバカを売りにしてみたトロロです。あい。
知識はここで、脳の一服休憩ににトロロのところへ。でいいでしょう?
[ 2008/01/16 04:17 ] [ 編集 ]
大丈夫?大丈夫?痛いのですか!入院中は安定してたのにー(>_<)
amyさんの事だから エレン以外たいして食べてないだろうしね~(泣)
やっぱ小悪魔ちゃん達のかいがいしい看病が無いとamyさん元気なくなっちゃうのかしら…(笑)
ちゃんと寝ましょ!
って言ってもねぇ、本当に本当に今 私も寝れないんです(-.-;)寝てても眠り浅(´Д`)そのかわり昼間眠いけど。
amyしん お昼寝出来ないの?
[ 2008/01/16 08:44 ] [ 編集 ]
それ・・・
数値あがってる間は大丈夫

似たようなこと、うちの主治医も言ってたよ~
だから、大丈夫(^^)
[ 2008/01/16 11:20 ] [ 編集 ]
寝たかな
大丈夫すかー?膵炎会、夜でしょ、お昼寝行ってみよー。コレクションの中にねむねむ薬とか持ってないのですか。膵炎会も無理しないでね~(T_T)
[ 2008/01/16 14:49 ] [ 編集 ]
あははは・・・
>amylaseさん

お腹を抱えて笑ってしまいました。

記事の題名を見て、「大丈夫かな・・・」と、おそるおそる覗いたのに~^^;
みなさん、慣れている?んですね。
まだまだ、未熟者のおかゆです(笑)

またまた尊敬です、ハイ。
[ 2008/01/16 15:01 ] [ 編集 ]
膵臓痛か筋肉痛か
かかりつけ医に行って来ました。
ほぼ一ヶ月に一回の受診です。

個人病院なのに、なんと本日は代診とのこと。
いつもの主治医は居ないのかと思ったら、ちゃんと居ました。検査で忙しいようです。何せ内視鏡の指導医です。

代診はかなりお年を召した先生でした。
きっと一度引退なされて、たまにこうして代診に出るのでしょう。「本日は代診ですがよろしくお願いします。」と、先生の方から丁寧に挨拶されてびっくりしてしまいました。

「どうですか、調子は。」
「は、まあまあです。」
「まあまとは、痛みとかは無いのですか。」
「は、あります。」
「どこですか。」
「左脇腹です。」
「どれどれ。」
触診開始です。
いつもの主治医は触診なんかしません。最初の頃はやっていたのですが、数年経った今では省略されています。

「ここは。」
「いてて。」
「こっちは。」
「何とも無いです。」
「ではこちらは。」
「いてて。」
「力を抜いて。どうですか。」
「いてて。」
「では力を入れて。」
「いてて。」
「この位置だと膵臓ではないですよ。」
「はあ。」
「位置的には筋肉です。筋肉痛でしょう。」
「は。」
「無理な姿勢とかしていませんか。」
「そう言うことは無いと思います。」
「そうですか。湿布を貼っておけば楽になるかもしれませんよ。」
「へ。」

「あの、膵炎だと言われているのですが。」
「膵炎ね、食べ物には気をつけていますか。」
「はい。」
「膵炎の方は油物は控えるべきなのですが、全く摂らないと言うのは良くないですよ。人によりますが、バターとかマーガリンなら大丈夫な場合もあります。」
「はぁ、いまはほどほどに食べていますけど。」
「お分かりでしょうけれど、アルコールはダメですよ。」
「はい、元々お酒は飲まないのです。」
「ふむ。」

「エコーはやりましたか。」
「最近はやってないです。最初はやりましたけど。」
「ふむ、やってもらったほうが良いですね。尿検査は。」
「これも最近やってないです。」
「では採尿しましょう。尿アミラーゼの検査です。」


「で、薬は何・・・タフマックですね。胸焼けとかあるのですか。」
「は、タフマックを飲んでいれば無いです。」
「飲まないとどうなります。」
「おなかが張ったり、重苦しくなったり、下痢をしたり、腹痛がひどくなったりです。」
「便は水に浮きますか。」
「今は沈みますが、調子が悪かった頃は浮かびました。」
「便が油っぽいとか。」
「あ、それも調子が悪かった頃はそうでしたが、タフマックを飲むようになってからは、そう言うことはなくなりました。」
「ふむ、タフマックが効いているようですから、同じように出しておきますが、左脇腹の痛みは筋肉痛ですから湿布をして様子を見てください。」
「はい。」

と言うことで診察を終わったのですが、どうもこの代診の先生、古いタイプのお医者さんのようです。言いたいことはたくさんあったのですが、タフマックを処方してもらえば良いと思い、はいはいと聞き流しました。

確かに私の痛む場所は膵臓の位置ではないのですが、そもそも内臓そのものに痛覚は無いはずで、痛みが出るのは炎症を起こして腫れた部分や炎症によって発生した物質が周囲の神経を刺激するのためですから、違う場所に痛みを感じるのは当たり前だと思うのです。で、痛みが出れば周囲の筋肉が緊張するのもまた当然でしょうから、筋肉痛といえば筋肉痛なのですが、原因は膵臓にあるのです。

私の場合は増悪期でも画像に異常は無いので、状態が良くなった今ではエコー検査をしても異常は出ないだろうと思いますし、アミラーゼにしても増悪期でさえ正常範囲だったのですから、いま調べても大した数値にはならないのは目に見えています。

代診ですから仕方ないのですが、教科書通りではない膵炎患者の私にはちょっと困った先生でした。
[ 2008/01/16 15:13 ] [ 編集 ]
コレクションの中にネムネム薬はいっぱいありますよ。もちろん、飲んでます。今日はマイスリーを2つとレンドルミンを1つ飲みましたが、効果無し。お昼寝はしないので、このまま行ってきます。(^_^)v

ひでおさん

ご苦労様でした。放散痛ってやつですね。膵炎で右肩が痛む人もいるようですから、人それどれですね。慢性膵炎では初期の治療が大事な事を分かって欲しいですね。
[ 2008/01/16 17:54 ] [ 編集 ]
おでかけしちゃったかしら?
amylaseさん☆なかなか眠れないのはご自宅じゃおちつかない病院症候群でしょうか(笑)?
本日ワタクシも外来日でした。
血液検査の結果聞いてきました。
そうひどい状態でもないのでまた次回ね~って感じです。
ちょっと数値の表ブログにUPしてみたので見てくださると嬉しいわ~~♪
花の歌ね~。「赤い膵トピー」座布団三枚贈呈いたします♪
[ 2008/01/16 18:31 ] [ 編集 ]
慢性膵炎っていう病気は実際はない!?
慢性膵炎と診断された皆様、お伺いいたします。
今日、別の病院へセカンドオピニオンの為に行きました。画像上何も異常なし、若干アミラーゼが高いだけだったら、薬いらないよ。そもそも、慢性膵炎って言う病気はないんだよね。っと。私は今、フォイパン、オメプラール、タフマック服用してますが、みなさんだったら、どうしますか?薬やめますか?私はまだ症状が半年しかないからなのでしょうか?(半年でも胃痛と背部痛、、、けっこうきつい)
ご意見下さい。お願いします。
[ 2008/01/16 20:53 ] [ 編集 ]
そうですね
>ようこさん
amyちゃんに早く寝ろと言われそうだけど・・・(笑)

慢性膵炎の初期は画像に異常が見られないことが殆んどで、東京女子医大の白鳥先生によると、初期はアミラーゼが150~200の間で推移することが多いようです。
かくいう私も当初は画像に全く異常は見られませんでしたが、途中から肥大してきました。
主治医によると診断基準を満たす膵炎は膵炎の末期に近い状態だそうです。
ただ、初期はフォイパンより消化剤のほうが効果があるという印象です。
私なら画像と血液検査だけで判断するお医者さまより、症状を重視してくれるお医者さまを選びますね。
[ 2008/01/16 22:06 ] [ 編集 ]
あみちゃんは、ねむねむ薬飲んでもダメか
よっしゃ、髭剃りじいさんが今夜は横に寝てあげますから、これなら今夜は安心して寝られるでしょ?
本当に、あんまり寝れなかったら診察日まで我慢しないで早めにケロリンですよ(T_T)じいさん、心配して髭剃っちゃうよ(-_-)zz
じいさんは、明日は面接、明後日から三日間、試験だよ(´Д`)

> ようこさん
今回は何科に行ったの?消化器内科?
[ 2008/01/16 22:30 ] [ 編集 ]
プカさん、そうです。消化器内科です。それが、私、肝臓に血管腫と胆嚢にポリープあるはずなのに、今かかっている病院で、きれいに写っているところだけをピックアップしたのをコピーした画像を渡されたんです。素人でも肝臓のでかい臓器に何かがあるくらいはわかる写真がないんです!!CTも腫れていなかった時のCTだったっぽくって・・・そりゃ何もなかろうよ・・・って言いたい。きれいな膵臓ですねって。きれいだったら、アミラーゼとかリパーゼなんか高値を示さないし、痛みも起こらないはずなんだけどなあ。それが、同じ名古屋大学出身の名大系列!!傷のなめあいだよ。もう当たり障りのないことしか言わない。こんなんで、本当に大丈夫なのか。。。一体だれを信じていいのか。。。なんかかえっておかしくなりそうです。助けてください。
[ 2008/01/16 23:21 ] [ 編集 ]
すみません。方言丸出しで、おまけに、Amylaseさんのブログで愚痴ってしまいました。不愉快なお気持ちになられた方、お許し下さい。
[ 2008/01/16 23:41 ] [ 編集 ]
ようこさん
そっか、画像持参で系列病院か。。
私は、最初は小さい病院でだけど慢性膵炎疑になったが、その医者の私の薬物アレルギーに対する対応が、殺されそうに適当だったので、次の予約シカトして違う病院に、紹介状なしで、今までの経緯と服用してる薬など、全部書類にまとめて、新たに全て検査し直したよ。
不安で心乱れるのも辛いから、全く違う病院で新たに画像も何もかもやってもらうって言うのも、お金はかかるけど気持ちの為にはいいかもね?
私は、病院は、膵臓抜きにして、あてにならないかも知れないけど、ネットの病院口コミサイトでリアルそうに評判のいい消化器内科を選んだんだー。
しかし、せっかく行ったのにそれじゃ、ショックだよね…。。
[ 2008/01/17 00:38 ] [ 編集 ]
ようこさん
何でしょう、そのDrは。ぶっ飛ばしてやりたいのはトロロだけでしょうか?
まだいるんだ、自分の持ってる情報に当てはまらない患者に逆ギレする馬鹿なDr。

画像持込はやめた方がいいですね。都合のいい画像だけ持たされるんだから。
病院も、近場の膵炎の方にいい病院教えてもらえないですかね。

で、誰も不愉快になんかならないですよ^^皆似たような経験してるんですから。
ねぇ、amyちゃん!

って、まだ帰ってないのかな?大丈夫か~?
[ 2008/01/17 00:52 ] [ 編集 ]
今日はあみちゃんはコメントしなくてよし!
むしろ、寝かせてあげようじゃないかっ。あの睡眠時間はやばいよ。私は毎日、昼間、トイレで爆睡するからいいけど、やっぱ寝ます…。反省。
[ 2008/01/17 01:30 ] [ 編集 ]
マリオガールさん

どうでしょう、もともと睡眠が浅く短い生活だったから、元に戻っただけなんですけどね。あとで、お伺いします。

ようこさん

長くなりそうなので、関連記事を書いてUPします。
>すみません。方言丸出しで...
ここのブログはグッドガール、グッドボーイの集まりですから、まったくノックは無用です。むしろ、いろいろな体験談をコメントいただいて感謝しております。愚痴でもお惚気でも披露してやってください。ただし、まとめて書籍化するときは私が著作権独り占めです。(笑)

トロロさん、帰ってますよ。ちょっとひねった枕使ってますか?後でお邪魔します。

ぷーさん
それは孔明の罠ですか?反抗期な少年は米いれちゃいました。
今日も寝ませんよ。だいぶん体がなれて来ました。
[ 2008/01/17 02:24 ] [ 編集 ]
本当に慢性膵炎ほかっておいて大丈夫なの???
お腹の不定愁訴だけでは慢性膵炎はかなり軽視されます。よほど、異常値を示さないと・・・(涙)かなり苦しいが、仕方ありませんね。事実は事実です。名大で膵臓専門のDr.
に診てもらっても、アミラーゼが200前後ぐらいでは「無視」です。相手にしてもらえません。あなたの場合、もともとアミラーゼが200あるのではないですか?と言われたぐらい。んな訳ないよ。だって、お腹張ったり、痛かったりするし。。。たまに食欲ないし。。。これが名大の膵臓専門にしている診断でした。
[ 2008/01/17 10:50 ] [ 編集 ]
あきらめちゃだめですよ
当たる医師にもよりますからね。しかし、その症状を軽視している医師や病院から「かかりつけ医」を紹介されませんでした?
確かに、大きな病院は慢性症状の患者を診られない状況になってきています。これは厚生労働省の方針です。その場合は、地域の基幹病院としてかかりつけ医を紹介するようになっていると思うのですが。

現代では、あゆさんのコメントにある通り、慢性膵炎は早期治療が肝心とされています。ほっといていいことはありませんよ。
[ 2008/01/17 20:52 ] [ 編集 ]
Amylaseさん
今、かかりつけの病院から中堅の病院(CT, MRIが受けられる)へ紹介されました。で、さらに、違う先生にも意見を聞いてみたんです。その中堅病院から、またかかりつけに戻って下さいっと言われないんです。かかりつけ医に戻っていいですか?っときいたら、僕の所(中堅病院)でしばらく様子を診させてくださいとのこと。”様子”を診させて・・・って実験台にされているのかな?個人の医院、クリニックで膵臓を専門にしている先生って少ないですよね。でも私がかかっている中堅の病院の先生も私より若く、膵臓の専門ではありません。名古屋で膵臓の専門医で開業されている先生はいらっしゃらないですね。肝臓の専門医はかなりいますが・・・
[ 2008/01/17 21:32 ] [ 編集 ]
様子をみる
>ようこさん
「様子をみる」は言葉のアヤであって、単にこちらであなたの症状はみていくつもりです、という意味だと思います
大学病院のような大病院は慢性膵炎の確定診断のおりない患者を診る余裕はなくなってますし(主犯は厚生労働省です)、かといって、かかりつけ医だと採血結果は即日で出ないし、CT等はおいてないので、中堅病院でお世話になればいいのではないでしょうか?
ちなみに、若いから、あるいは、膵臓専門医じゃないから、慢性膵炎を診られないことはないと思いますよ。
私のかかりつけ医は大病院では「胃」の専門でしたが、一回の診察で膵臓の異常を見付けてくださいましたし
今お世話になってる病院の担当医は本格的な医師になって1年目ですが、かなり膵臓のことを勉強されてるな、と感じます
どうしてもようこさんが、中堅病院に戻りたくないという不信感があるなら別ですが、慢性膵炎は定期的なCT検査も必要ですし、このままでよいのではないでしょうか?
なお、お医者様は医者どうしのメンツを大事にしますから、前医からの紹介状やフィルムをもってセカンドオピニオンを受けるのは良し悪しです
[ 2008/01/18 11:50 ] [ 編集 ]
あゆさん
あゆさん、貴重なご意見ありがとうございます。
なにせ、今まで風邪で医者にお世話になるくらいで、こんなに長引く病気や入院など経験がなく、知識もなかったので、膵臓が悪いのであれば膵臓の専門医じゃないとわからないのかなっと思ってしまいました。大学病院のしくみも正直知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。
あゆさんも、はじめは画像に異常がなくて途中から肥大してきたんですよね。私と同じです。あゆさんのおっしゃるとおり、画像で判断する先生より、症状を見てくださる先生の方がいいですね。そう考えると、今、中堅の病院で半年見てもらっている先生の方がいいのかなとも思います。アドバイス本当にありがとうございます。今かかっている病院の写真を持って別の病院へ行ったのですが、前にも述べたように、写りのいい部分だけを抜粋してコピーしているので、大したコメントは頂けませんでした。もう、本当に当たり障りのないコメントでした。いい勉強になりました。
[ 2008/01/18 16:54 ] [ 編集 ]
あゆさんが私が答えられる以上のコメントを残してくだっさていましたので、傍観していました。(あゆさん、いつもありがとうございます)
膵臓病の患者数と言うのは非常に少なくて、開業医で膵臓外科・内科を標榜しても、きちんと血液検査、CT、MRI、内視鏡などを揃えてやっていける見込みはありません。東京・名古屋・大阪などであれば、触診のみ、看護師の質を落として、国に診療報酬を請求できない分までしてというスタンスなら成り立つかもしれませんが、いずれ保健医の指定を外されてしまうものと思います。

ですから、現状ではかかりつけ医と大病院、中堅総合病院という2択が現実的です。ようこさんのように急性増悪を起こされるのであれば、中堅以上の病院を抑えられておかれるのが賢明かと思います。

中堅病院とかかりつけ医の二股はぷーさんが実践しておられるのですが、自分で両方の意見を取捨できるならこれもよいと思います。

このあたりは、私のように軽い慢性膵炎期がなかったものより、仮称「膵族館」を見物される方が有益かと(笑)
私などは、「他の病院へは行っちゃダメ」と釘をさされてしまっています。(汗
[ 2008/01/18 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/196-d58473d5




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。