スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎 入院何日目だろう?

入院してもう何日たったのでしょうか?

今日から普通食に格上げです。

点滴もなくなり、ルート用の留置針もなくなりました。

朝から看護師さん達との挨拶も「いよいよですね」「おめでとうございます」にかわりました。一抹の寂しさを感じますが、ようやくここまでたどり着けた喜びの方が大きいです。

病院内で新春餅つき大会がありました。少しおそいけれど書初め大会も。
新春コンサートも有り、病棟は華やかな雰囲気に包まれています。

この後、バレンタインデーがあるのですが、病院長、理事長の首脳会談で、
私が入院していると若い看護師さん達が前夜手作りチョコをつくるために一斉に休みを取ってしまうので、その前に退院させようと決まったようです。

理由はともあれ、また新しく「我が人生幕が開く」のです。頑張らねば、あとは、病棟に寄付するものの選択です。本やDVDは当然として、今回は薔薇を記念植樹する予定です。そして、小悪魔たちに唄わせるのです。
「あみ様、貴方は私の中に生き続けています。いつまでも、いつまでも、あの病棟に咲く紅薔薇の様に!」ってこれじゃ死人か?
とりあえずなんか考えます。この日のために入院中一日千円貯金をしてきたので、総予算は5万円以内です。
CA390098.jpg  CA390099.jpg

[ 2008/01/08 15:16 ] 膵臓 いろいろ | TB(0) | CM(28)
通常食…久々の噛むお味はどうですか?退院が見えてきましたね!
amyさんの退院時には、たくさんの看護師さん達が涙涙の嵐で大洪水ですね( ̄▽ ̄)
レッドカーペットの上をお気に入りの小悪魔ちゃんと手を取り合って花道退院しましょう!
本当に本当に何か贈答するの?いいなぁ、素敵な患者さんですね!
[ 2008/01/08 16:13 ] [ 編集 ]
チエコさん

私も号泣で脱水症状になる小悪魔が続出かと思っていたのですが、「また、すぐ会えるよね」「早く戻ってきてね」「絶対ここの病棟に来るんだよ」との暖かい言葉に、こちらが号泣してしまいました。

今までは本とDVDを寄付(持って帰るのに荷物になるからですが)するのが基本で、心づけとかを一切しない分、点滴台、点滴早見表、小型電卓なんかを寄付して来ましたが、今回はバラを植樹しようかなと思っています。いつもは1万円の予算でしたが、今回はご縁がありますようにと...だめじゃん!
[ 2008/01/08 17:05 ] [ 編集 ]
みっけ!
amyちゃん見っけ!指だけだけど^^

久しぶりの普通食はどんなメニューだった?
退院させたくないと考える一部の熱狂的amyファンに脂質プラスではめられなかったかい?

お餅は食べられた?こういう時、関西では何餅が主流?一緒か?
万が一喉に詰まってもすぐに処置してもらえるから安心して食べられる、いい事だ。
次はバレンタインか。その前に退院。残念だね~?

薔薇&唄わせる…やっぱヅカファンだ。
[ 2008/01/08 18:00 ] [ 編集 ]
入院期間について
付かぬ事をお伺いしますが、軽症膵炎診断され、絶飲食+点滴が必要とされ入院となった場合、(もちろん、病状によって個人差はあると思いますが)平均の入院期間はどれくらいなのかと思いました。不謹慎な質問をしてすみません。近所のクリニックでCTが取れる病院へ紹介されて行ったら、即、入院!!正直、びっくりしました。おまけに、絶飲食(涙) 私は昨年の7月に膵炎の疑いと診断され、始めは2週間の入院でした。
2回目は1ヶ月の入院。救急外来でかかりました。入院時、退院時の両方ともアミラーゼ、トリプシンなどは1回目の入院時よりも数値は高値のままの退院でした。この入院治療って保険点数で入院期間とか決まっているのか、病院によって、基準を定められいるのでしょうか?たまたま、私がかかっている病院が入院させるのが好きなだけなのでしょうか?(笑)今度、また「お腹が痛い~」なんて言ったら、医者に「また入院して絶飲食しますか?」と言われそうで・・・へたに、お腹が痛いと言えないですよ。
なにせ、はじめて、こんなに長く、お腹の鈍痛というか不快が続くので、不安なのです。
もちろん、わかる範囲で構いません。入院期間、入院治療になる基準など、ご存知でしたら教えていただきたいと思います。よろしくおねがいします。

[ 2008/01/08 18:02 ] [ 編集 ]
とーちゃん

ちっ、見つかっちまった!この餅つきででた雑煮は丸餅に白味噌でしたよ。おそらくこれが標準ですね。お汁粉もそうです。小さく丸めたやつを、そのまま、あるいはきな粉につけて食べる人、焼いて醤油で食べる人、雑煮、お汁粉と様々でした。私はお雑煮。

いや、だからファンとかじゃなくて、一般常識でしょう。CATVでもやってるもん。
[ 2008/01/08 18:16 ] [ 編集 ]
ようこさん

はい、こういう質問にかけては当病院最多入院回数を誇る再発性急性膵炎の私が得意とするところです。

まず、入院基準ですが、基本的に医師が急性膵炎と診断すれば即入院です。急性膵炎でそのまま返して自宅で死亡というケースも救急医なら一度は経験していると言われるくらい、病変があれば即、死につながる危険な病気ですから医師のほうから帰っていいよと言うことはほとんどありません。

では、血液検査の結果だけで入院かと言うとそうでもありません。もちろん、膵アミラーゼ、リパーゼが4桁を突破していれば有無を言わせず入院ですが。
これを判断するのに血液検査の白血球値とCRPの項目を参考にします。これは体内で起こっている炎症の度合いを計る目安になります。そして、CTで炎症の範囲を確認します。この2つが良好であれば、自宅療養と言う選択肢も出てきます。

入院期間については
http://amylase.blog121.fc2.com/blog-entry-45.html
http://amylase.blog121.fc2.com/blog-entry-162.html
などを参照にしてください。
その医療機関がDPC病院であるか、そうでないかによって大きく違います。DPC病院は症例によって請求できる診療報酬が定額になっていて、期間がたつほど一日当たりの単価が減っていくため、急性期を過ぎたら退院になる事が多いのです。
DPC対象病院なら軽い急性膵炎で10日が一つのめどになると思います。そうでないところなら、2~4週間の入院というケースもありえます。

私の個人的なケースで言うと、膵アミラーゼ、リパーゼが1000前後で入院します。もちろん私はプロですから(笑)500位でも今からひどくなって行くのか、治りかけているのかがある程度自分でわかるので、700位でも入院するときがあります。
初めの5~7日間は絶飲絶食、飲水を2日ほどして食事再開~退院というのがいつものパターンです。血液検査の結果については基準値内まで下がらなくても、白血球とCRPの値から炎症が治まっているようであれば退院します。
逆に、血液検査の結果が良好でもお腹の写真が良くなければ、入院を継続と言う場合もあります。このあたりは、主治医・担当医からどうして退院しても大丈夫なのか?なぜまだ退院できないのかについて、回診のたびに説明されます。

DPC病院か否かは厚生労働省やかかられている病院のサイトに明示されています。
[ 2008/01/08 18:47 ] [ 編集 ]
下界・・・
>あみちゃん
下界ってのは宝塚大劇場って判断でいいんでしょうか。
じゃ、楽屋口で待ち合わせする?(笑)
一般的ヅカファンの待ち合わせはバウ階段下が多いかな☆ミ

私も今回は長い入院だったし、9月の2週間入院に続いて同じ病棟だったから、いざ退院てなると寂しいだろうなぁ。
でも、今までもこれからも寄付の予定はなし。
むしろ、わたしのために主治医の写真をくれ、ってとこです(笑)
[ 2008/01/08 19:56 ] [ 編集 ]
西駐車場でお願いします。(笑)

私はいつも退院の時に集合写真とってますよー。
みんなマスクしてたりしますけど(笑)
[ 2008/01/08 20:16 ] [ 編集 ]
Amylaseさん、
いつもご丁寧にコメントありがとうございます。
ひどいとアミラーゼとか700とか4桁とかになるんですね。私の場合だと、アミラーゼ200強なので、膵炎とは医師も断定できないですね。どうりで、一度、心療内科へいったらどうですか?ストレスで閾値が下がっているのかもしれないっと言われたわけです。
Amylaseさんのお体の調子は大丈夫なのですか?数値を聞いて、心配になりました。
安定している時もやはり数値は高いのですか?症状はあるのですか?
個人的なことをお伺いしてすみません。家族も友達も“膵臓”を患った者がおらず、インターネットで誰か同じ病気を持っている人で痛みや苦しみを分かち合えたらと思い、頼ってしまいます。みなさんも同じなのでしょうか?
[ 2008/01/08 21:37 ] [ 編集 ]
ご心配ありがとうございます。
今現在は、数字も基準値内に収まり痛みもフェイススケールでいけば1位です。痛み止めも使っていません。

安定しているときは、血液検査はしないので(というか定期検査を迎える前に急性増悪に陥ってしまうのです)わかりません。症状については、腹痛これはあります。が、私の場合99%吸収されるエレンタールを主食にしていますので、下痢はめったにありません。というか、排便が極端に少ないです。吐き気はあります。倦怠感はすごくあります。ただ、吐き気と倦怠感は不眠からきているかもしれず、膵炎由来とは決まっていません。
私の場合は他の人より鈍感なのか、炎症がひどくなるまで病院へ行かないので(行けば入院と言うのがわかっているので)病院へ行くときは結構な数値になっています。もっと初期で緊急へ行けば2泊三日で帰れるそうなのですが。
2週間に一回くらいは激痛で全ての機能が完全停止します。そんなときは自主的に絶飲絶食してフオイパンがぶ飲み+ソゼゴンとレペタン乱用でしのぎます。もちろん、死ぬかもと思ったら入院セットをもって病院へ行きますが。おかげで、病院では結構有名人です。(笑)
慢性膵炎と言うより再発性急性膵炎なのです。

私は近い人で膵臓を患ったのが3人いますが、すべて膵がんでした。余談ですが、遺伝性膵炎というものがあるらしく、私の近親者に膵炎患者がいないか主治医に聞かれたこともあります。現在、私の知り合いの膵炎患者は現実社会では病院で知り合った人ばかりです。

>インターネットで誰か同じ病気を持っている人で痛みや苦しみを分かち合えたらと思い、頼ってしまいます。みなさんも同じなのでしょうか?

これについては、みなさんのコメントに期待いたします。

総じて、膵炎患者は良い人ばかりです。得体のしれない病魔に出会って良い人になったのか、良い人は気遣いが過ぎて膵臓に負担をかけやすいから膵炎になるのかはさだかではありません。
しかし、一人で「ストレス性膵炎もあり」説を唱えている私は後者だと思います。そして、このブログが時々脱線するのは、痛みや苦しみを分かち合えたらという方に敷居を低くするためだと言うことは秘密です。(笑)
[ 2008/01/08 22:01 ] [ 編集 ]
普通食おめでとうございます。
退院も、もう少しでしょうか。。。。

私はいつも、制限食のまま退院なので、普通食を食べたことないですけど(汗
ってか、絶食のまま退院もありましたが。。。

一度退院すると、二度と入院したくないので(なかなか退院できないんで)AMY2000、リパーゼ5000でも、帰宅したコト何回もありますが(汗

レペタン使うと、私は副作用?激しい頭痛と吐き気が翌日に来ますが、乱用していて、何もありませんか?
ソセゴンは、ないですけど~
[ 2008/01/08 23:21 ] [ 編集 ]
つわものあらわる!

おそれいりました。私は500切らないと退院させてもらえないです。というか、もしものこと(再燃)を考えたら病院もかなりの覚悟がいるんじゃありませんか?

私の場合は副作用以前に作用もあやしいので(笑)大丈夫です。レペタンは非常時2時間毎の使用ができるので重宝しています。しかし、効き目に頭打ちがあるので、2日目はソセゴンにしています。そもそも、1日2回コンチン使っているのに、ソセゴンが効くわけもないのですが、病院へいってもソセゴンからはじまるので、先に使ってます。

そんな私に一番効くのはコイーバです。(笑)

私の場合エレンタールが主食なので、普通食食べられたからと言って大勢に影響はないので、今週中には退院予定です。今回は思わず長居してしまって、看護婦さん達との別れには涙しそうです。
[ 2008/01/08 23:36 ] [ 編集 ]
amyしゃんの指あるね
指入っちゃったね、私レベル♪嬉しい!!
お雑煮も食べられたんですね、良かったですね!
でも、御縁がありますように、は、よくないですね×
なんか、退院に向けての記事を読んでいると、amyしゃんが妄想部なのか、本当にナースにもててるのか分からなくなってきました。
私の所属する妄想部に勧誘しようかな。
主にTVでただで見られるイケメン対象の部活動です。
疲れ果てた心を癒す、女子達の妄想部ですが、amyさんなら部長も入部許可してくれると思えてきました。

>ようこさん

はじめまして。プカプカプーと申します。
私は「軽い慢性膵炎」と言われてからまだ1ヶ月弱で、入院経験もなしですが、「ストレス性膵炎もあり」をわが身で行っている者です。
一年位前腹部激痛で病院に駆け込んでから、アミラーゼ/リパーゼが少しだけ異常値なだけで、他は消化器内科で色々検査をして異常なしの上で、心療内科を薦められ、現在も両方通院中です。
私のブログは、まだ参考になる様な膵炎の情報は記事に出来てませんが、血液検査でのすごい異常値や画像異常がないと、そこで、自律神経系の問題での膵炎を疑われ、安定剤の服用を勧められる様です。

参考になるか分かりませんし、amylaseさんのブログの様に知的な事は一切書いてありませんが、コメント入れてくれる方々は、皆凄腕ですので、ものすごく時間があって、少し気が向いたら、ストレスと葛藤する新米膵炎患者のブログでも見に来てください。

でも、本当にただのプーの叫びであり、記事自体に参考になる事は書いてないよね、amy兄さん…。
[ 2008/01/08 23:42 ] [ 編集 ]
ナースコール押した
力の限り押した、3回押した。

駆けつけた主任(53歳推定)さん

「どうしましたか?」

聞いたさ、ありったけの勇気を振り絞って!

「俺って、カッコいいすか?!」

「さぁさぁ、寝ましょうね。お薬持ってきますからね」

主任さん、ギガヤサシス(/_;)

「教えてください、僕は、僕はいい患者ですか?」

「はいはい、とってもいい子ですよ」

全俺が泣いた!

>記事自体に参考になる事は書いてないよね、

いやいや、世の中には反面教師という言葉があってやな。(ry
[ 2008/01/09 00:02 ] [ 編集 ]
amylaseちゃん&ようこさんへ
お餅、いろんなバージョンで食べられたんだ。親切な病院じゃ。
個人的には関西独特な何かがあって欲しかったな。
妄想部への入部を強くおススメします。


>ようこさん

はじめまして、トロロと申します。プーにぃやんと同じく「軽い慢性膵炎患者」です。
入院経験なしです。1度入院をススメられましたが拒否しましたんで今のトコなしです。
&数値に反映しない、もしくは遅過ぎて数値が下がってから検査のトロロです。
当地はみなさんと違って僻地なので、当然周囲に膵炎患者はいません。
(ダーリンは急性膵炎経験者ですけど。)
なので、こうして人のブログへ来てはおちょくったり、自分のブログでバカを披露してます。
でも、そうでもしないとヘコミマクリスティ~なトロロへ変貌してしまうので。
amyにぃやんと違って酸欠おバカですが、よかったら遊んでやってください。
[ 2008/01/09 01:09 ] [ 編集 ]
ようこさんと新入部員さん
ようこさん
ここでわざわざ主張する事ではありませんが、トロロちゃんの呼び方はミス!であり、私は戸籍上では繊細な女性です!
私も彼は急性膵炎経験者ですが、他に周りに膵炎の人はいません。軽い慢性膵炎と診断された時に、現実から逃げようとしたところを、amylaseさんに救い上げられました。新米なので、皆に色々教わったり、励まして貰ってばかりの日々ですが、一人じゃないって思えて、とても勇気が湧きました。どうぞ、皆の輪の中に入ってみてください!

amy新入部員さん
明日、うちの妄想部長に入部届けを出しておきます。これは、強制入部です。
ちなみに部長は関西出身のしとやかクールビューティレディです。
[ 2008/01/09 01:52 ] [ 編集 ]
それはマジですか?
クールビューティレディこれは大変だ!
[ 2008/01/09 08:52 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/01/09 09:03 ] [ 編集 ]
アミラーゼの値と膵炎
>ようこさん
アミラーゼの値と膵炎の症状は必ずしも一致するものではありません。
私は重症急性膵炎で4700までアミラーゼがあがりましたが、その時に主治医にきっぱりと
「膵炎の重症度とアミラーゼの値は関係ない」
と言われました。
その証拠?に重症急性膵炎の重症度測定にアミラーゼをはじめとする膵酵素は含まれていません。

お医者様は教科書どおりのことをおっしゃいますが、世の中には教科書から外れる人も多々いるわけで、私も典型的な教科書のあてはまらない人間です。

慢性膵炎の初期はアミラーゼが150から200の間で推移することが多いですし、画像に現れないことも多いです。

私の主治医は、慢性膵炎の診断基準にある「膵臓の繊維化や石灰化」が現れるのは、慢性膵炎の末期だとおっしゃいました。
だから、膵臓が腫れてるとかアミラーゼの異常が出ているうちから、膵炎の治療をするのは大事なことだと思います。
[ 2008/01/09 13:12 ] [ 編集 ]
あゆさん、コメントありがとうございます。先生は、画像に異常がなく、アミラーゼだけが若干高値を示すだけなので、薬も飲まなくても言いと、それに、30代で膵炎は起こらないっと名古屋大学付属病院の膵臓の専門の先生に言われました。
しかし、お腹の鈍痛と背部痛があるのは確かなんです。今は始めかかった中堅の病院に診てもらっていますが、ここの先生は膵臓の専門の先生ではないのですが、慢性膵炎を疑って、フォイパン、タフマック、オメプラール。。。と薬をだしてくれています。
あゆさんだったら、どっちの医者に見てもらいたいですか?どっちも嫌ですか?膵臓の専門の先生を探すのが大変で・・・困ってます。このまま、永眠するまで、薬を飲み続けなければならないのでしょうか?
変なことをお伺いしてすみません。
[ 2008/01/09 22:06 ] [ 編集 ]
ようこさん

私は前に書いた通り、軽い慢性膵炎状態を経験せずに愉快な慢性膵炎状態にきていますので、この時期を経験された方、あるいは現在経験中の方に譲りますが、気になった事はどんどんコメントしてください。
私も、主治医・担当医・小悪魔達にインタビューしておきますね。
[ 2008/01/09 23:37 ] [ 編集 ]
そんなわけは…
>ようこさん
30代で膵炎が起こるわけがない、という意見をいうのが膵臓専門医だとは到底思えません
私が読んだ色んな膵臓の病気の本によると、最近はこどもの膵炎も増えてるぐらいなんです。
ただし、子供の膵炎は膵胆菅の先天的な異常がほとんどのようです。
大きな病院は待ち時間も長いし、いざという時に駆け込めないので、大学病院に通うのであれば、同時に普段気軽に通えて薬の追加処方等もしてくださる、かかりつけ医を持つべきだと思います。
ただ、大学病院の規模や本来の役割を考えると、画像に異常の出ない膵炎で通うのはどうだか、と思います
(薬もくれないようですしね)
ただ、初期の膵炎にはフォイパンより消化剤のほうがよく効きます
膵炎疑診患者にとっては、親身になってくれるお医者様が一番です。
私ならその大学病院には行かないかな…
[ 2008/01/11 09:22 ] [ 編集 ]
あゆさん、ご意見ありがとうございます。
私の症例は医学書通りにはいっていないみたいで、先生たちを困らせています。確かに、大学病院では重症患者が多すぎて、私のようなケースでは薬もくれず、「何ともありません」の一言で終わりました。 あゆさんのおっしゃるとおり、フォイパンより消化剤の方がよく効きますね。慢性膵炎ってまじ厄介です。でもがんばります!
[ 2008/01/11 10:54 ] [ 編集 ]
軽い慢性膵炎!?
プカプカプーさん。はじめまして。ようこです。
軽い慢性膵炎と言われたそうですが、重い慢性膵炎っていうのもあるのですか?私は昨年の夏に膵炎の疑い!?と言われたのでAmylaseさんやあゆさん、いろいろな人に今、このブログを通して膵炎について勉強しています。特に、慢性膵炎についてしりたいと思います。お薬とかはやっぱフォイパンを2錠、毎食後に飲んでいらっしゃるのですか?何か特別な症状とか画像の異常か何かあったのでしょうか?差し支えない程度でよろしいので何か教えて下さい。お願いします。
[ 2008/01/12 20:15 ] [ 編集 ]
ようこさん
ご質問ありがとうございます。
ちなみに、私も、30代で膵炎は起こらないなんてドクターの発言は、どうかと思いました~。
私は34歳です。もうすぐ35歳。

私の軽い慢性膵炎、なんですけど、先のコメントにも少し書いてありますが、慢性膵炎の診断基準にある「膵臓の繊維化や石灰化」には至っていない状態です。

一年前、ものすごいストレス状態の時、最初にいつもより強い背中の痛み、翌朝、ひどい下痢、と同時にひどい腹痛と背痛で病院に駆け込んだのが始まりなんですが、どんなに検査しても、血液検査のアミラーゼ/リパーゼが微妙に正常値より高い、という以外、異常が見つからなかったので、自律神経系の乱れによるもの、と判断され、心療内科行きにさせられて安定剤を飲みつつ、ずっと経過観察の検査を継続していました。
その間は、嫌な事があると、背中の鈍痛と、胃の張りがずっと持続していました。但し、この期間も、ずっと強いストレスにさらされ続けている日常である事は確かです。そして、私の痛みが発生するタイミングは、ほとんど、不快な気分になった時、焦った時、などです。

安定剤と、胃潰瘍防止の為に胃潰瘍の薬を飲み続けて、それでも一年近くアミラーゼ/リパーゼが下がらなかったので、10ヶ月の経過観察の末、昨年11月からフォイパン服用を始める事になりまして、服用しはじめて1ヶ月で早くもアミラーゼ/リパーゼ下がってきたので、医師からは、
『この薬が効いたという事は「慢性膵炎疑」から『軽い慢性膵炎』と分かった、という事になるよ』
と言われました。
「軽い」とは、画像診断では何も異常がない事から使われた言葉、と解釈しています。

重い慢性膵炎?となると、amylaseさんの色々な記事に参考になる事が色々書いてあると思います、その点は、amylaseさんにバトンタッチしたいと思います!amyさん、記事の案内、よろしくです!

なにせ、私は昨年12月に『軽い慢性膵炎』と言われた新米なもので、私も皆さんのブログで勉強中なのですよ!

フォイパンは、私は食後1錠です。
他に、H2ブロッカーは別件のアレルギー薬と飲み合わせが悪いので、H2ブロッカーと似た作用のある胃潰瘍の薬「タケプロン」を1日一錠処方されています。
それと、自律神経の乱れ、という部分の要因が強そうなので、心療内科にて、安定剤と漢方を毎日服用、他に、ピンチの為に、痛み止めと吐き気止めと消化酵素剤を貰ってます。

私の症状や、ストレス性という良く分からないものとの葛藤などは、私のブログにて、読みにくく赤裸々に語ってますので、コメントの名前のトコ、クリックしたら、私のブログに飛べますので、興味があったら見てみてください!

他の方のブログも参考になるので、見てみるといいと思いますよ!

今、私は自律神経の乱れ、とやらと、実際の痛みや吐き気と食事制限、体重減少などの間で、新米生活格闘中ですっ!!
イチイチ初めての出来事に悶えては、皆にコメント貰って救われてます!

ようこさんも、お持ちでないなら、ご自分の思いを吐き出せるブログを作ってみるのもいいかも知れませんよ!
結構、気持ちがスッキリします。それに、膵炎仲間は、きっと、巡回しながら、ピンチの時にはいいアドバイスや経験談などしてくれるはずです。
先輩達は、皆、私みたいな現在は軽い症状の者にも、『この先、悪化しないように』と、困っている時に色々教えてくれるので、本当に感謝してます。
[ 2008/01/13 04:22 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん
プカプカプーさん。コメントありがとうございます。私も34歳でもうすぐ35歳になります(笑) 膵炎を患うには“若い”と言われたんですよ~。確かに、内科の待合室には60代、70代の患者さんばっかりだから、そうゆう患者さんばっかりを診ていると、30代は若いのかな!?!?30代で膵炎にはならないって言うことはないですよね。私もプカプカプーさんに同感です。本題の慢性膵炎の件ですが、私もプカプカプーさんと同じ症状です。ストレスとかたまっちゃうと、お腹が痛くなったり背中が痛くなったりします。 私はフォイパンを服用してても、大体、アミラーゼは200ぐらいです。もう、半年経つかな?
そうですね、私もブログを作れたらいいと思います。なんとか、頑張ります。メカに弱いんで。。。(^^ゞ
[ 2008/01/13 12:27 ] [ 編集 ]
ようこさん ブログは超簡単!
ようこさんと私は同学年なのかな?早生まれ?
30代は関係ないですよー。ここにいっつもコメントくれてる方だって、私達より年下の方、ちゃんといますよ~。

ようこさんもストレスに反応するのですね。
これもまた、見えない敵みたいなもので、厄介、と私は感じてます。
私のブログに書いてますが、私は昨日、心療内科の先生にバシッとしめられちゃいましたし。

ブログは、誰でも簡単に作れるから、こんなに世の中に普及しているのですよー。
簡単簡単。超簡単。
ブログは、80代のおじいちゃんでも作って闘病記など書かれてたりしますよ。
こちらも年齢関係なしのようです(笑)
デザインもテンプレートがあるから、好きなの選ぶだけだし、作ろうと思えば、すぐ出来ちゃいます。
文字を打てれば誰でも作れますよ!
amylaseさんや私の使っている、FC2ブログ、使いやすいですよ。もちろん無料です。
PCから見ているなら、このページの一番下に、薄く、「1GB!FC2ブログ(blog)」って書いてあるとこをクリックして、「誰でも簡単にブログがつくれちゃう!」って書いてあるとこをクリックして、書いてある通りに進めば、すぐ出来ます!!
その後は、自分の悩みも不安も、自分勝手にドカーンとぶつけてしまえばいいのです♪
スッキリしますよ~!もし出来たら、皆に教えてくださいね!!
[ 2008/01/13 15:16 ] [ 編集 ]
プカプカプーさんへ
プカプカプーさん。ブログの作り方を教えてくださりありがとうございます。
私は4月で35歳になります(^^ゞ 35歳で慢性膵炎!?平均寿命まで生きれるのかな???
そうそう、プカプカプーさん、怒られたんですか?医者に?プカさんのブログを拝見させて頂きます。
[ 2008/01/13 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/185-d3600f86




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。