スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵臓とストレス 自律神経

胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの大半はストレスからくることは知られています。

膵臓は心臓等と同じく、自律神経で動く臓器です。動かそうという意識で動かしたり、膵液やインスリンを分泌させているわけではありません。自律神経によって動かされているのです。この自律神経はご存知のように非常にストレスに敏感です。ストレスにさらさられると、膵臓も大きな影響を受けます。

慢性膵炎の症状で痛みを横においておくと多い順に、体のだるさ、吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢と続くそうです。いかにも自律神経失調症と似通った部分が大きいですね。

膵臓は血糖値に反応してインシュリンを大量に分泌し、免疫細胞は異物が生体に入ったときに大量の抗体を産生します。これらの分泌タンパク質や膜タンパク質は全て小胞体を経由して合成されますが、合成が盛んな細胞では小胞体のタンパク質品質管理機構がフル稼働しています。この小胞体での品質管理機構に破綻がくると様々な疾患になることが示唆されています。これまでに報告されている小胞体ストレス関連疾患は数多くあり、難病とされるアルツハイマー病、パーキンソン病およびポリグルタミン病などの神経変性疾患や糖尿病などが含まれます。


漢字・カタカナ率が50%を超えるとゆとり&スイーツ読者が読んでくれないというのは、携帯小説「恋空」で立証されているそうですが、このブログに求めてられているのは「愛」という結果がでましたので、そんなことはお構いなしに続けます。

私はエレンタール党総統として、ストレス性膵炎という医学領域を確立させるべきであると日々訴えておるのですが、いまだに党員は1名です。もし賛同いただける方がおられましたら、決意表明をお願いいたします。党費は可愛さのフェイススケールによって決まるかもしれません。(笑)

さて、ストレスが自律神経を攻撃し、膵臓がその被害を受けるのは考えるまでもないのですが、その対処法についいては患者数の少なさも相まって研究がすすんでいません。

慢性膵炎の症状が出ている場合には対症療法も重要で、痛みに対しては鎮痛剤や抗コリン剤、 消化吸収障害に対しては酵素剤の大量投与などが行われるようです。

内臓の運動を支配する神経には、動きを抑制する交感神経と、逆に亢進させる副交感神経とがあります。

鎮痙剤はおもに副交感神経を抑制することで内臓の痙攣を解除し、痛みをやわらげるらしいです。

副交感神経を抑制する薬剤を一般に抗コリン剤と呼ばれています。

対処法はよく行われているのですが、ここでは、ストレス性膵炎と決め打って根治療法を検討したいと思います。根治法としてすぐに思い浮かぶのは次の5つです。


[ 2008/01/06 11:01 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(14)
内臓の痙攣…??
amylaseさんのアンケートには笑いを求めるにポチッとしたのですが情報の文章力にも驚かされているマリオです。
今回の自律神経が内臓を痙攣させるという記事興味深く拝見しました。
というのも以前からの不随意運動やパーキンソニズムの薬が切れるとお腹の中(自分では筋肉かと思っていたのですが)がガクガクして昼間はもちろん、特に朝大変な時があるので枕元に薬を用意しておくことがあります。
人間の身体って自律神経の不具合でいかような症状もでるのかもしれません。
膵炎も…その他の不調も…。
一度自律神経が不調になると元に戻すのは大変ですよね。
続きの記事を楽しみにしています。
[ 2008/01/06 23:02 ] [ 編集 ]
自律神経性膵炎発作は有り得ますよね!
私の主治医は膵臓は自律神経を司って働いてるので喜怒哀楽が激しすぎても膵炎発作起こすから気をつけてねと言われてます。
実際に私は脂物を食べた後以外に仕事で嫌~なお客様(笑)が来ると痛くなったり生理前は超超イライラ(-_-)腹の虫がおさまらね-!!って感じなので痛くなりやすいです。あと何だかよく解らないけど無償に悲しくなってしまった後とか(笑)
たまに鬱っぽくなる時あるのですが、そぅゆぅ時は脂関係無しで膵炎発作起こしてます。コレ全部、自律神経系ですもんね(・_・、)
[ 2008/01/07 00:46 ] [ 編集 ]
今、手元に
自律神経失調症を治す本、というのがあります。
これに、前から気になっている、なんか素人には催眠術みたいな、自律神経失調症の代表的な治療法として、自分で出来る、自律神経のバランスをよくする自律訓練法というのが載ってます。他の本にも良く載ってます。これ、やってみようかな。「訓練中は催眠状態にあり…云々」とあって、なんか怖くてまだチャレンジしてないのです。
催眠から覚めなかったら、プーは多分、本当にダメプーになってしまいそう…。
あ、早寝しなきゃ…
[ 2008/01/07 02:14 ] [ 編集 ]
あ、忘れとった
>いまだに党員は1名
これは、党首のamyさん?
私入れてください。
ストレス性膵炎という医学領域を確立してください。

ご飯はラコールだけどいいですか。
土曜、調剤にて、ラコールユーザは私しかいないらしく、フレーバーを私の為にカタログショッピング感覚で追加注文してきました。プーさんのお好みのものを入れます、と言われたのに、4種類しかなかったプー
[ 2008/01/07 02:40 ] [ 編集 ]
マリオガールさん

続きの記事を書いてポチったら消えてしまって、泣きそうです。が、頑張って執筆します。(笑)
自律神経を元に戻すには休養が一番なのだそうです。そんな事言ってられない、と言う人がたまにいるそうですが、それはそれで、それは人生を浪費するという病気なのだそうです。スポーツ選手や政治家、経営者で今一年休めばもっとすごい事が出来るのに、取り残されるのが怖くて無理を続けて結局中途半端で終わってしまう人がたまにいるそうです。

チエコさん

そうなんですよね。でも自律神経失調症というのは、「無能な内科医が、不定愁訴などの患者に対し、納得させる目的でつける診断名である」と言われているように、病名ではなく診断名なので、日本ではほとんど相手にされていません。

ぷーさん

まずはエレンタールを食して見ましょう。エレンタールのフレバーは現在12種類です。また調理?方法も冷やしたゼリーから温かいスープまでレパートリーが広いです。さらに、エレンタールのから揚げ、たたきなどその調理法方は全国2万5千人のクローン病患者の皆さんによって開発されています。
[ 2008/01/07 12:36 ] [ 編集 ]
自律神経失調症
す、鋭い。
さすが、amylaseさん。
私、10年ほど前 自律神経失調症と診断されました。
A型だし、色々と膵炎の条件揃ってるみたい。
なるべくしてなった病気なのか?
食べ物よりも、不安を抱えている時の方が、胃の辺りが痛いというか、ぎゅーっと締め付けられたような感じをうけます。
最近、なるべく病気の事考えないようにしています。
[ 2008/01/07 19:24 ] [ 編集 ]
maccom1さん

やはり、ストレス性膵炎と言うのはありえそうですね。この分野での研究はほぼなされてませんから、がんばればノーベル医学賞取れるかもです。(笑)
[ 2008/01/08 14:05 ] [ 編集 ]
自律神経失調症
初めまして、ninaと申します。特発性の慢性膵炎です。
原因はストレス。 
入院中も熱が37度3分位いつもありましたが、医師は自律神経失調症のだから気にしない気にしないと、取り合ってもらえませんでした。
党員まだ募集中でしたら、私も入れて下さ~い。
[ 2008/01/08 22:32 ] [ 編集 ]
はじめまして、私もなんとなく特発性です。宇宙戦艦ヤマトみながら泣いてます。
現在のご様子はどうですか?慢性膵炎は症状の幅が非常に広いですから自分に合った病院を見つけるところから始めなければならず、そのあいだに自律神経失調症が悪化してしまうこともあるようです。患者数が少なくネット以外ではなかなか知り合えないですが、一丸となって病気に立ち向かいましょう!

[ 2008/01/08 22:56 ] [ 編集 ]
はじめましてNinaさん。
Amylaseさん、大変お世話になっております。ようこです。他の膵臓を患っていらっしゃる方々、私も情報交換に入れてください。全く医療に無知で検査の正直いって、膵酵素のアミラーゼとかリパーゼとか知ったぐらいです。ERCPを受けましたが、もちろん初めて聞きました。検査といえば、レントゲン、CT,MRI、胃カメラぐらいしか知りませんでした。”知らぬが仏”だから、ERCPも楽に受けられたのかも・・・(今思うとですが(^^ゞ)
[ 2008/01/08 23:13 ] [ 編集 ]
Amylaseさん。
 膵臓の医師は、自律神経の方は、神経科で治療をした法が 良いとお考えなんだと思います。
 鬱状態も時々あるので神経科にかかっています。
 ストレスが強くなると、膵炎が悪化し、微熱も出たりして
 精神的にも状態が良くなくなるっていう感じです。

ようこさん、初めまして。
ようこさんもERCPまで受けられたのなら、膵臓の状態が
 しっかりわかって、良かったんじゃないですか。
 わからないと言うのが一番怖い感じがします。
[ 2008/01/09 09:07 ] [ 編集 ]
精神的なもの!?!?
医師からは、膵臓が若干肥大している、若干膵酵素が高い。っと全部「若干」なんです。
しかし、背部痛やみぞおちの痛み、吐き気、などはず~と続いているんです。
本当に大丈夫だったのかな?って思っちゃいますよ。医師暦5年ですから。。。膵臓の専門医でもないので、写真を借りてセカンドオピニオンとしてほかの医者にも意見を聞いてみてそれでも「なんともない」と言われれば。。。気のせいかなっとも思います。心療内科の先生は「ストレスも関係するけど、ストレスだけで、膵臓が肥大したり膵酵素が上がったりはしないよ」とのことなんです。もーど~していいかわからないですよ。入院するたびに、仕事を休まなきゃいけないし・・・。ごめんなさい。愚痴ってしまいました。でも、気持ち、わかって下さい。
[ 2008/01/09 09:21 ] [ 編集 ]
辛いですね。
ようこさま。
 私も今の病院に行く前に言ったちょっと大きな病院の医院長で消化器専門医に、膵炎じゃ無いから治療も必要ないと言われました。だから、膵臓学会に電話して間違いない!と言う病院へ行き、触診だけで慢性膵炎と言われ入院になりました。本当に膵臓を診られる医者は少ないのだと思います。
どうしても心配だったら、セカンドオピニオンもいいかもしれませんね。
でも、大きな病院だったら、カンファレンスがあるから、ベテランの医師も診てるとおもいます。
でも、信頼出来ない、不安などあると治る物も治らないような気がしますから、安心出来る方法を考えられるのもようかもしれませんね。 ERPCも出来るなら大きな病院かと思いますが。
一日も早く安心出来る日が来ますように。  
[ 2008/01/09 21:40 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/04/29 20:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/183-f66acd49




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。