スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽い慢性膵炎と食事 4

前項が長くなったので4です。
4と言えば井上陽水、吉田拓郎、泉谷しげる、小室等(以下略

そろそろ息切れしてきました。どうしてこんなに長くなってしまったんだろう?

さて、我がサイト独自調査によりますと膵炎での通院は月に1.35回となっています。つまり、あなたは目の前の名医あるいは良医とこれから、このペースで時間を共有するのです。

名医・良医の資質については重複するので割愛します。月に1回以上真剣に話をする相手って何人いるのでしょう?機会があればアンケートをとってみたいと思います。念のため申し上げておきますが、この医者信用できねぇと感じたらバッサリ切っちゃいましょう。そんな相手と月に1回時間を持つなんて無駄もいいところです。自分の膵臓と愛する人を守るため真剣に治療しようとしているのです。

わからない事、疑問に思うことがあればドンドン尋ねましょう、後で聞いておけば良かったと思っても次は1ヵ月後です。漏れのないようにメモって行きましょう。例えば「急性増悪時はどうしたら良いか?」と軽くジャブを打つのも良いでしょう。前の記事でも書きましたがきちんと理解しているなら専門用語は積極的に使うべきです。元々医師なんて言うのは理系の人間ですからダイレクトな言葉のやり取りになれていますし、自分の病気についてちゃんと勉強している患者には好感をもって接するようです。

わからない事があった時は遠慮なく「パードゥン?(゚⊿゚)」と聞きなおしても全然OKです。万一、あなたが国民的アイドルの場合は黙っていてもOKです。目の前に座っているのが例のあの女医でない限り「困った事があったらいつでも携帯に連絡して下さい。ぶっ飛ばして駆けつけます」との言葉を頂けることでしょう。

ジャブでガードを下げたら、そのままたたみ込むのも良いでしょう。しかし、医師も多くの患者を診なければならないのですから、質問には優先順位をつけなければいけません。「3つほど質問があるのだが、まず聞きたいのは...」と切り出しましょう。ここでは嘘でもいいから質問の数を限定しましょう。「われ、どんだけgdgdやねん(´ム` )」と思われるより「ん、3つって何だ?!(゚д゚` )」と食いつかした方が得策です。針を十分飲み込ませるのは釣りの基本です。(n‘∀‘)η

食事療法や日常生活の指導はそれぞれ保険点数が取れるので頼まなくてもしてくれるところが多いのですが、ハッキリいってネットで調べたり聞いたりした方が情報は豊富です。しかも私が知る限り膵炎患者は優しく世話好きな人が多いのです。この点クローン病の患者さん達と双璧であるのではと思っています。
昨日の食品成分データベースなどで検索するもよし、いろいろなブログで出されているレシピを参考にするもよしです。ここにもいくつかの献立のサンプルを置いています。



.
この時に質問に巧みに要望をしのび込ませましょう。「時々我慢出来ない疼痛が来て今の○○では対処できないので私の身体に支障がないのなら別の薬を出して欲しい」「ワシはこんなペースで体重が減少し続けている、日常生活にも非常に大きな影響が出てきているのです、いったいどこまで減ってしまうのですか?薬を出すなり、食事指導をするなりを要求する」と言った感じでもOKです。上にも書きましたが、専門医でない限り食事指導などといった分野を得意にしている医師は少ないので、その手の質問はあまり答えを期待せずにしましょう。入院患者の食事指導も栄養士さんが行ってくれています。

薬についてはちゃんと飲むようにしましょう。膵炎で出される薬はほぼ決まっています。以前に書いた通り、フオイパン(蛋白分解酵素阻害薬)に消化酵素剤、胃薬。頓服に吐き気止め、痛み止めです。体調によっては栄養補助剤も処方されます。

軽い慢性膵炎でも定期検査は重要と思われます。症状が安定しているときに目安にされるのが3ヶ月毎の血液・エコー検査、半年毎のCTです。半年毎の分は普通の膵検診でも良いと思います費用も変わらないです。不幸な事に急性期が来た時はその時々随時検査を行いますっていうか入院だから当たり前ですね。

慢性膵炎は軽くても完治の難しい病気です。この薬をこれくらい飲んだら治るとかと言ったものがありません。人によっては出口のないトンネルに入ってしまったと思うかもしれません。しかし、いくつかの基本事項を守るだけで軽い慢性膵炎のままで維持できている方がたくさんいらっしゃいます。


[ 2008/01/04 19:36 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(13)
PCのお話ありがとうございますo(^-^)oリカバリすると軽くなるんですか!?有り得ない状態です。変な音も今の所してない…PCも寿命なんてあるんだぁ(:_;)たしか98年物のWindows!中身がイッパイで重いんじゃない?なんて言われた事ありますが解らないです(バカでゴメンナサイ…グスン)
amylaseさん痛み止まりました?初詣で引いた大吉のパワー1年間分を入院組のお2人に送っときます(笑)
[ 2008/01/04 23:56 ] [ 編集 ]
横レス~PC
>チエコさん
偉いレトロなPCをお持ちで!!
2008年だから、10年物になっているのでは!!
①スキャンディスク→②デフラグしてからそれでもダメならリカバリ、でどうでしょう~。
①②の順番は重要。②を先にやると、使えるものも使えなくなる事があります、ご注意を。
デフラグは、分かりやすくいうならば、HDDの中の壊れかけのちっちゃい一部分を、もう使わないよ、ってして整理してくれるので、壊れかけのちっちゃい部分を使えなくしてHDDの中もすっきりさっぱり。
でもリカバリ前にはバックアップを忘れずにね。
もうリカバリ後みたいだけど…。
それでもあんまりダメなら、確かに、容量の問題(中身が一杯、の事ね、マイコンピュータでCドライブの空き容量を見てみましょう)と今の色々なアプリケーションを使用するには、スペックが追いついてないのかも。
知人のWindowsMeも、回線は光ですが、ブラウザを開いて、ウィンドウ1個までは快適ですが、2つ目からは数分待ちだそうです。
もう、今はPC安いので、買ってしまいましょう!!
[ 2008/01/05 00:46 ] [ 編集 ]
軽い慢性膵炎
なんでしょうね、私も。

思い起こせばはるかむかしから、ストレス、暴飲暴食、疲労の3要素の3つ又は2つが重なると体調を崩して病院に駆け込んでいました。診断はたいてい胃炎でしたが、いま思えばあれは全部慢性膵炎の急性増悪でしたね・・・。

長いこと症状があったのに、慢性膵炎と診断されてまだ3年です。

入院できる病院に顔つなぎしておかなければやばいんだろうなぁ。。。今懸かっているのは入院設備の無い胃腸科クリニックだし。。。まぁ、もう一回りもすれば慢性膵炎患者の平均寿命ですから、これほど長いこと膵臓が持ちこたえてくれたことに感謝しなければいけないのかな。。。

上記3要素を出来るだけ避けるようにしたら、急性増悪は起きなくなりました。もっと早く分かっていたらなぁ・・・。
[ 2008/01/05 07:59 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん
ありがとうございます(:_;)なんか難しい話しですが仕事始めに空き時間にでもやってみます!
そっかぁ…改めて考えると10年経ってるんだ。びっくり( ̄▽ ̄;)
それだけ自分が歳とった事にびっくり(-.-;)
[ 2008/01/05 10:19 ] [ 編集 ]
98ですか!?
9801、名機ですね、大好きです。今でも286プロセッサが載ったやつ、使ってますよ。

いっそのことLinuxベースのOSをぶち込むっていうのはどうでしょう?Ubuntuならたいていのアプリケーションはセットされてます。

ひでおさん、急性増悪期に膵炎を見つけられなかったとしたら、それは医療機関の責任が大きいですね。緊急病院との顔つなぎはやっておいたほうがいいですよ。私は家の近所に2件も運ばれたら2度と出て来れないor地下駐車場からしか出られない緊急病院があるので、万一の時にソコに運ばれないためにも、ココに顔つなぎしていました。(笑)
[ 2008/01/05 11:08 ] [ 編集 ]
新米もLinux用にいいと思ってました
チエコさんのPCは、私もamy兄さん同様、Linux用にいいな、と思ってました。でも、チエコさんは、そんな事は調べたり考えなくて良いです!もう、思い切って、新しくてV○staじゃない奴を買ってしまったらいいのです☆

ひでおさんとちょっと似てるのですが、今日、私も、自分が膵炎ではメインで通っている総合病院が、夜間救急をやっていない、という事実を今更、知りました…。
しかし、その代わりのメリットとして、平日昼間に救急で行った場合、夜間救急しない為に常に満床といった事がないので、手早く入院は出来るので、その点がいい、との事。
夜間救急やってても満床で自宅待機や転院などで苦しむ時間を長くとる場合もあるし、どっちがいいとも言えない、と、違う病院のドクターに、近隣の数ある大病院のメリットデメリットについて沢山説明を受けてきました。
それと、今回の年末年始の痛みについて、別件説が掲げられました。今日の私は、「断言できないけど、多分、フォイパン飲んでいれば普通の人」と呼ばれました。
[ 2008/01/05 18:36 ] [ 編集 ]
そんな使い方もあるんですか。@@
我が家ではWIN95が載っていたパソコン(M下のAT互換機)がいまだ現役です。さすがに95では厳しいので、無理やり98(しかも初期版)をぶち込んで動かしています。(PCメーカーではもちろん98での動作保証などしていません。いや、公式には98では動作しないとされているマシンなのです。)

とっくに耐用年数を過ぎていて、生きているのが奇跡的なところに動作しないはずのOSで動いていると言う、とんでもない状態ですが、インターネットとメール程度には何とか使えるものです。

私はMS-DOS時代から使ってはいるものの、パソコンに関しては素人なのですが、Linuxはこんな旧式機でも動作するものなのでしょうか。
ま、せっかく安定している動作環境を今更変える気にはなりませんけど。。。何せ安定させるまでかなり苦労しましたから。。。
[ 2008/01/05 19:54 ] [ 編集 ]
ぷーさん

東京の救急医療がどういう事情かこちらではわからないのですが、おそらく救急センターやよろず救急受付てます病院以外は救急車を受け付けてないのです。受け付けていないから待たされるも入・転院もないのです。
よくニュースで救急車たらいまわし事件が出るけれど、満床だからとか、医師がいないからなんていうのは、内科ではありえないと思います。「選ばれた人にベストの医療を」というのが現状です。

なので、受け入れるのは自分の所の患者だけです。そのかわり自分の病院の患者はちゃんと診てくれます。あゆ&あみも退院時には痛くなったらすぐ来てね。と優しい言葉をかけられるはずです。そのためのオンコール制度ですからね。
で、救急時には「患者の重症度に合わせて診察の順番を決めます」って事になってるのは、そちらも同じだと思います。それでね、急性膵炎ってかなり重症度上位なんです。しかも、救急では結構名が売れてるんです。
だから、満床で自宅待機や転院などって言うことは、一緒に運ばれた他の患者がみんな心停止や脳みそ飛び出てるだったとかじゃなきゃ、ありえないんです。
私は今回以外はすべて救急でしたが、全部10人近くの他の患者をごぼう抜きで処置室に案内されました。容態が急変しないか看護師さんに見張られながらの処置です。
たまたま、軽症ですめばいいですけど、重症化率が1/7もあるんですから結構な確立で死ねる病気なんです。

ぷーさんの明るい方面で言うと、病院にとってはアナフィラ・ショック状態の患者が来たようなものです。急性膵炎(増悪)ってホントに予断を許さないグレートな病気なのです。備えあれば憂い無しで、自分の意思とは関係のないところで治療される事になりますから急性期に行く病院はやっぱり決めておいた方がいいと思いますよ。普段通うことはないのですから、ブランド病院でもいいと思います。私の友人達は年一回の人間ドックなどで確保しています。

そして、彼に「俺が苦しんで丸まってたら、それは急性膵炎だからTAXIか救急車で○○へ運んでくれ」と伝えておくべきだと思います。そんな時が来なければ、その方がいいのですから。
[ 2008/01/05 21:45 ] [ 編集 ]
ひでおさん

Linuxと言ってもいろいろありまして、Red Hat あたりだと WindowsXP よりも重くて、GHzクラスのCPUと512MBのメモリがないと厳しいです。逆に言えばこれくらいあれば堅牢に動作します。詳しくは現役さんに譲りますね。
[ 2008/01/05 21:52 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん、amylaseさん、ひでおさん
ハイレベルなお話ありがとうございます(*_*)
チンプンカンプンでよく解りませんがV〇staは解りました!
ダメなんですか?V〇sta!
プカプカプーさんの病院、夜間救急が無いってイザとなった時 大変ですね。だいたい痛くなるのって夕方から夜間にかけてが多いから…
私が行ってる大学病院は救急は受け取って無いと言われていましたが知り合いの看護師さんに聞いたら「え~、うち平気だよ。救急車が1番ベストだけど一般救急外来オッケーだよ!ただし通院してればね」
との事です。HPで調べると たしかに救急受け付けて無いから内密(笑)にしてるのかな。
痛くなったらすぐ来て下さい!と優しいおじ様先生に言われてます!ただ
「〇曜日と〇曜日なら私が診ますから!」と何度も何度も念を押されてます。まるでノルマがあるかのように(笑)私を選びなさい!的な( ̄▽ ̄;)
[ 2008/01/05 23:47 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん、amylaseさん、ひでおさん
ハイレベルなお話ありがとうございます(*_*)
チンプンカンプンでよく解りませんがV〇staは解りました!
ダメなんですか?V〇sta!
プカプカプーさんの病院、夜間救急が無いってイザとなった時 大変ですね。だいたい痛くなるのって夕方から夜間にかけてが多いから…
私が行ってる大学病院は救急は受け取って無いと言われていましたが知り合いの看護師さんに聞いたら「え~、うち平気だよ。救急車が1番ベストだけど一般救急外来オッケーだよ!ただし通院してればね」
との事です。HPで調べると たしかに救急受け付けて無いから内密(笑)にしてるのかな。
痛くなったらすぐ来て下さい!と優しいおじ様先生に言われてます!ただ
「〇曜日と〇曜日なら私が診ますから!」と何度も何度も念を押されてます。まるでノルマがあるかのように(笑)私を選びなさい!的な( ̄▽ ̄;)
[ 2008/01/05 23:48 ] [ 編集 ]
あ、またチエコさんが、Wクリック?
>amy様
他の西の病院で見てきましたが、退院の目処が決まられましたのですか?
おめでとうございますヽ(゚∀゚)ノ
看護師さん達の個人情報を収集されている様子ですが、私のはいらないのですか?
依頼がないんですけど。

救急ですが、実際、迷うほど、近くに病院数があるのですよ。で、先日amy様が都内では今は敷居が低い、と教えてくれた病院、あそこが私の調査の中では、都内では膵臓に明るい先生がいる様子(良く知らないけど)でありますし、その先生がいるとは思えませんが、救急の場合は、あそこを希望しようかと思ってます。お見舞いでしか行った事ないんですけどね。
その為には、病院に人間ドックなどで足跡をつけておく必要があるのですね?要するに、カルテがあればなおよろしい、って事ですよね?
>彼に「が苦しんで丸まってたら
…。
分かりました。彼には、俺様悶絶時の対処法をしっかりと紙にして伝えておきます。会社の隣の席の子にもお願いしてみます。(エピペンは、会社の周囲の子達皆に、「俺様が苦しんでいて呼吸困難になっていたらバッグの底からこのポーチを…」とお願いしてあるのです)

>ひでおさん
Linux用っていうのは、私的にはあくまで、遊びや実験用にサーバを立てたりする為に使うって事です。もちろん、別にメインのPCがあっての前提です~!
unix系はスペック悪くてもok、むしろちょっと古い位がe-267って事もある位な物なので。
そんな私も、unix関係からは最近離れているので、あまり良く分からなくなってますが、普段使いにオススメしている訳ではないので、早まらないでくださいねe-53

>チエコさん♪
この、あちこちでの数々のWコメントも、現在のPC不安定の証?
動いてないって思ってまた、クリックしちゃってたり?
チンプンカンプンで大丈夫です、気にしないで分かるところだけ拾い読みです!
V○staは、ダメとかはそんな、滅相もございませんが、私はもちろん買ってなくて、周囲を血祭りにあげての統計中です。分かりやすいところで言えば、今まで使っていたソフトが全てV○sta対応じゃなくて全く使えない、と、雄たけびを上げて電話してくる友人もいるし、まだXPでいいんでないーと思って、私は11月頃もう一台XP買ったトコです(笑)
私は周りが固まってから新しいモノに手を出す派なのですが、新しモノ好きなら、是非!
救急は、いつも救急車が来ているの見てたので、夜間有無があるなんて、無知で気付かなくて、盲点でした…。
チエコさんは病院目の前なんでしょ?それは最高ですよねぇ、私も目の前にあったら間違いなく、そこを選びます~!
[ 2008/01/06 03:35 ] [ 編集 ]
ぷーさん
 その理解でOKです。急性期などと言うものは迎えなくて済めばそれに越した事はないのですが、周りにかける迷惑が最小限で済むように備えるに越した事はありません。
 ぷーさんの個人情報に関しては...ノーコメントにしておきましょう。退院はERCPを退院後にまわして、まずは下界で小悪魔さんにたちに看護してもらうことにする予定です。
[ 2008/01/06 06:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/181-e847b93a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。