スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽い慢性膵炎と食事

世の中には2:8とか2:6:2の法則と言うのがあります。アリさんとか、ミツバチさんのあれです。入院患者にも当てはまるとしたら、私は間違いなく優秀な2に入っているにちがいありません。なのになぜ痛い。まだ痛みが引かないのです。だんだん強くならないので、そうひどくはならないと思うのですが少し不安です。

急性膵炎は医学上、軽症・中等・重症、さらに重症膵炎はスコアによって3段階のステージに分かれています。

では、慢性膵炎はというと...こういう区別はないようです。

慢性膵炎の場合、確診・準確診・疑と呼ばれる診断があります。詳細は以前にUPしましたので、重複は避けますが主に画像判断によって区別されています。
慢性膵炎の確診が画像によって行われるのは、血液検査や自覚症状で判断すると、他の疾患の可能性が高いからだと思われます。

よく軽い慢性膵炎と言われますが、これは何を指し示すのでしょうか?
軽いというからには、重いも、程よいもあるのではと思います。弱い・普通・強い、あるいはショボイ・スゴイとわけるのかもしれません。いずれにせよ未確認です。

これは確診・準確診・疑に対応しているのかと言うとそうではありません。
リパーゼが4桁に届き、度々急性増悪を繰り返していても膵臓自体の荒廃が画像で確認できなければこれは疑です。しかし、その痛さの強さと頻度、日常生活に対する悪影響はとても軽いとは言えません。一方、確診に至るような膵臓へのダメージがある場合でも無痛で進行する場合もあります。このような場合は患者本人も周囲の人間も軽いと錯覚してしまいがちです。

それでは、誰も定義付けていないようですから、このサイトで独自に慢性膵炎の重症度を決めてみたいと思います。まずは軽い慢性膵炎から。

*お約束ですが、この後を読まれても自身での素人判断は非常に危険です。きちんと病院で検査・診断を受けましょう。一般的に行われている膵検診で5,000円位、上部消化器官の総合検査で20,000円位の費用で、受診機関の混雑の程度にもよりますが、2~3時間程度で終了します。

まずは慢性膵炎診断の半年以上に渡って痛みが続いている状態です。無痛症の方の場合は特別として、慢性と言うからには軽くても半年以上の持続期間は欲しいところです。

血液検査・・・慢性膵炎患者の多くは通常時、基準値の2~5倍程度の値を示すと言われています。数値については以前にUPしたサルでもわかる血液検査結果を参照してください。急性期には4桁にもなるほど変動が激しいのですが、膵酵素の値は収束も早いので、病院に行ったときにはすでに下がっている場合も間々あります。尚、現在では尿アミラーゼ、血清アミラーゼは参考程度にしか用いられませんし、膵癌、流行性耳下炎、肝・胆道疾患、婦人科疾患、腎不全、ムンプスなど多くの可能性がありますので考察から省きます。また、軽いをはるかに通り越した非代償期に入ると膵酵素が分泌されなくなりますので、基準値より低値になります。白血球値とCRPは急性期には派手に上昇しますが、普段以上を示すことはありません。
リパーゼなどが2,300を越えてくると是はもう軽いではなくて、立派な慢性膵炎だと思われます。

∴ 膵酵素が60~200程度が軽い慢性膵炎の対象ではないでしょうか

自覚症状・・・慢性膵炎の自覚症状で多いのが、腹痛・背部痛・下痢だと思われます。痛みについては無痛~のた打ち回るまで人それぞれです。部位は鳩尾を中心とした上腹部、その裏側の背中、時に膨満感を伴うことが多いです。急性期を何度か経験してみれば胃痛や腸炎と明らかに違うのがわかるのですが、そんな人は軽い慢性膵炎ではないので、軽い慢性膵炎の人は当初、胃痛や腸炎と思い込み受診する場合も多々あると思います。また、膵炎の痛みの多くは圧痛があります。あやしいなと思ったら一度膵臓近辺を押してみてください。下痢についても数週間~数ヶ月のスパンで便秘と下痢を繰り返す人が多いようです。これも腸炎などと似ています。慢性膵炎の場合の下痢は脂肪便の場合が多いので良く観察し、病院で病態を告げるときには忘れないようにしましょう。

∴ 胃腸薬で改善されない膨満感を伴った持続的な痛み、膵臓近辺への圧痛、脂肪便などが軽い慢性膵炎の自覚症状と思われます。

他覚症状・・・膵炎患者のほとんどの方が体重減少を経験されているようです。当サイトの独自独占超絶調査でも太った方は6.6%だけで93.4%の方が痩せておられます。理屈上、消化不良・脂質制限など痩せるべくして痩せて行くので、太る方は元々が非常にスリムな場合に限られるようです。また、脂質をうまく吸収できないため、あるいは制限しているため、肌がかさ付いたり貧血気味になったりする事も多いようです。膵炎を疑われた場合、CTやMRCPでの画像判断を行いますが、軽い慢性膵炎なのですから、ここは「ちょっと腫れてるね」と言われるくらいがベストでしょう。明らかな以上があればそれはもう軽いとは言ってられないのです。

∴ 何もダイエットしていないのに痩せたねと良く言われる。貧血のようなめまいを起こしたりするかも。画像検査の結果は異常と言われるほどではない。といった他覚症状を軽い慢性膵炎の候補にしたいと思います。

ここまでの分類はどうでしょうか?割と最大公約数的なものではないでしょうか?
軽い慢性膵炎についての情報を求めています。ご意見をお寄せくださいませ。

後、私の身近なケースで再発性急性膵炎と言う方が何名かいらっしゃいます。上記の条件のほとんどを満たしておられるのですが、ほぼ毎月が急性期という辛い状態です。慢性確診でいいのではと思いますが、画像判断では膵機能の衰退が見られないので医学的には慢性膵炎ではないようです。

[ 2008/01/04 08:24 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(7)
まさしく私は軽い患者 もしくは疑いとゆうレベルで診られています!
6年間もヒーヒー言わせておきながら(-_-#)
私の場合アミラーゼやトリプシンの数値が滅多に上がらないからかも…痛い時や痛みが余韻に変わった時でも上がらなくて!昨年は体調万全の時にトリプシン上がってたなぁ。画像的にも問題無し(膵管が丸まってるけど関係無いって、本当かよ怒)だから疑い疑惑です。
あ!amyさんPCの質問いいですか?リカバリしてから立ち上がりや1つ1つ起動するのにメッチャ時間かかるようになっちゃって5分以上立ち上がりにかかるんです-。
毎回 超-イライラムカムカ!
[ 2008/01/04 10:44 ] [ 編集 ]
一般的に女性は症状が安定しなくて、成因も不明の場合が多いようですね。染色体・遺伝子レベルで診断できるように研究が進めば、早期に発見、治療に取り組めるようになると思うのですが、どのあたりまで進んでいるのでしょう。

普通リカバリすれば余計なゴミがなくなって起動は早くなるはずなのですが?ハードディスクから異音はしていませんか?ガリガリ、ギーギー音が大きくなり始めたらそろそろ寿命ですよ。
[ 2008/01/04 11:06 ] [ 編集 ]
私も
私も軽い慢性膵炎患者ですね。
私の場合は消化不良ではなく、痛くて食べられなくなりどんどん痩せていきました。
当初はアミラーゼとリパーゼの異常だけで、画像は異常なし。
私は幸運にもこの段階で治療を受けられましたが、画像に異常がないと胃薬しか出してくれない医者が多いから、軽い慢性膵炎患者にとっては、ちゃんと診てくれる医者探しが最初のハードルかと。
腫れてるといわれても、膵炎の診断基準は満たさないから、膵炎じゃありません、と言われることも多いみたいですね。
膵臓の大きさは体格や年齢によっても違うから、そのあたりを診ることのできるお医者様も少なそう。

女性の膵炎は半数が原因不明といわれる特発性らしいですが、近年この中に、遺伝性膵炎や、十二指腸乳頭機能不全や十二指腸憩室というのが入ってるのがわかってきた・・・とこの間ERCPの時に主治医から聞きました。

また、膵炎も末期になると膵酵素がつくれなくなるので、4桁のアミラーゼを弾き出したということは、膵臓の機能がある、ということでもある、と言われました。

・・・と、港町の病院からのレポートでした(笑)
[ 2008/01/04 12:55 ] [ 編集 ]
自己免疫性膵炎
自己免疫性膵炎も見つかったのは、つい最近の事ですからね。まだまだ研究の余地ありですね。
膵臓は大きさも形もそうですが、胆膵管の合流の仕方や乳頭の形も人それぞれなので、ERCPの時にこんにちわと挨拶して見ないとどれくらいメスを入れるかわからないと言われました。
このあたり、医師の腕と経験に頼る部分が大きい病気ですね。一番後ろにあって直視できないので仕方ない部分もありますが。
私の膵臓も4桁(といってもあゆさんの半分以下ですが)を叩きだせるのですからまだまだ現役ですね。(笑)
[ 2008/01/04 13:23 ] [ 編集 ]
自己免疫性膵炎
これも疑われたことあります。
画像上(腫れ具合?)からは可能性はあるそうですが、諸々の血液検査が全てシロなのです。
ところが、自己免疫性膵炎に併発されることが多いという、シェーグレン症候群の抗体は陽性
こうやって教科書からはみでた結果ばかりだして、主治医を悩ませております(笑)
お正月は食べ過ぎました
それしか考えられません(^^;)
膵炎禁忌のものは食してませんがね
[ 2008/01/04 15:47 ] [ 編集 ]
お仲間~^^
トロロも軽い膵炎患者です。
数値は1回くらいしか出た事無いです。「来るのが遅い」というのはそういう意味か。
だって、我慢できそうだから~なんて思ってると遅くなって
行こうと思った時には「動かさないで~」になっちゃうし。
腫れは、トロロにもわかる面白い腫れ方でした^^普通の人がどんな風に腫れるのか知らないけど。
最初は痩せてって、怖かったけど、今は増加の一途を辿ってってるトロロです(汗)
[ 2008/01/05 12:51 ] [ 編集 ]
新米軽い慢性膵炎患者です
強い痛みが発生してから一年間、アミラーゼとリパーゼは、ことごとく、正常値よりほんのちょっとだけ上。
胃潰瘍の薬で多少の効果はあったものの、一年間胃の張りとキリキリと時々背痛と付き合い、ストレス性とされ、安定剤も飲まされ続けています。
この一年間は普通にモリモリオイリーに食べていたけど7kg減りました。その前が太っていたという説もありますが、どんなヘビーなものを食べてもこの一年、太ることはありませんでした。
画像では腫れなどはない、と言われ続けています。
そして、今から、年末年始の食事日誌をもって、とりあえず、セカンドオピニオンの心療内科/消化器科に行って、「私の膵臓は痛いんだよ」と切々と語ってきます。急げー、寝坊した…
[ 2008/01/05 13:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/178-1d1aa327




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。