スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

深夜の回診

この時期、帰省方々見舞いに行くよと言う旧友からのメールが増えてきたのですが、一気に来られたり、子供連れで来られても疲れるので「年末はハワイで過ごしています、病院に来てもいねーよ。てめーらは餅でも詰まらせて苦しみやがれっ!フフンダッ!」と言う定例文を返しては数少ない友人を失っています。

ちなみに夏場の入院時は、浴衣で来たバカが3名。「絶食?聞いてなかったよぉ、んじゃ、こっちで食べてるわ」といってメロンをそのまま持って帰ったアホ1名。勝手にナースコールで看護婦さんを呼んで、「前から好きでしたっ!」とわけのわからん告白をしたボケ1名。お隣さんを囲んで「痩せたとは聞いていたけどココまでとわっ」と泣き出したカス3名。(をぃをぃ、いくら酸素マスクしててもそれはありえへんやろと思っていたら、名前の掲示をやめてからは良くあることらしいです)
入院していると様々な人を観察できて人間動物園。某看護師Kさんの話では、あやしげな宗教団体の人が入院してきた時には困ったらしいです。朝から晩まで続く祈りの言葉、壁やカーテンには何が描かれているのか判別不能なオブジェが吊るされ、夜の回診時カーテンを開けると身体が浮いてる!などと数々の逸話を残して退院していったそうです。


今日は午前の回診の後、先ほども深夜の回診がありました。何も私がおとなしくベットにいるかを偵察に来たのではありません。(笑)

まず、この前のアナフィラキシーについての説明がありました。報告されている症例から統計上1万人に1.1人の確率であったそうです。もちろん私も何十人目かの症例として記録に残ることになります。シリアルナンバーをもらえましたが賞品、副賞などはないそうです。残念!

ERCP中途の覚醒については原因として一番大きな要因は私の薬物に強い体質が考えられること。しかし、物は考えようで、続行していればこれくらいの膵炎ではすまなかったはずで、あゆさんに続いてICU入り、そのままチューブに囲まれた正月を迎える事になっていたはず。
そう考えれば膵臓君が危険を察知して脳に信号を送って覚醒させたのは大正解だったかも。しかし、あの状態から覚醒するとは!と変な感心をされてしまいました。即座に中止してくれた主治医の判断にも感謝です。
今後の治療方針については年が明けてから検討することにして、最近凝ってる鍼灸治療の治験台になる事を交換条件に年内退院を打診してみたら鼻で笑われました。ozr
今の状態で退院しても幕の内に緊急外来に来て救急部の手を煩わすだけ!と言われてしまいました。あえて反論はしませんでしたが、内心「他の病院に駆け込むさっ!」と思っていると見透かしたように、「アナフィラ抱えて他へ飛び込んでも、うちへ照会来るからわかるよ(笑)」と...君はエスパーですかっ!

[ 2007/12/26 23:50 ] 膵臓 いろいろ | TB(0) | CM(7)
おともだち
アナフィラ、そんなに珍しいのになっちゃったんだね。
凄い確立!それ年末ジャンボだったら…何等だったんだろ…。

そのお友達、凄いな~。さすがamylaseさんのお友達!

トロロも「入院患者で宗教関係者はホントに厄介だ」って話聞いたことありますよ。
他の患者さんの迷惑も考えなきゃね~。でも身体が浮いてるってどんなだ?
それはイリュージョン?ミスターなんとかとかプリンセスなんとかとか?
[ 2007/12/27 00:07 ] [ 編集 ]
私も色々考えていたのですよ。巡回の合間にガチャピンのきぐるみ着るとか、全身タイツでパントマイムしてるとか、看護師さんが深夜の巡回時に思わず吹き出してしまうことを...
一回ツボにはめてしまえばこっちのもの、笑っちゃだめだと思えば思うほど堪えられなくなるのは悲しいけれど人間の性。後は布団が吹っ飛んだレベルの親父ギャグでも連発しておけば大丈夫。哀れ看護師は腹筋が痙攣を起こして笑い死ぬか、自分でナースコールを押して同僚に助けてもらうという屈辱に甘んじるしかないのです。

なのに案の上、術後膵炎でこのざまとは...情けないっす
[ 2007/12/27 00:23 ] [ 編集 ]
シリアルナンバー
あ、毎日早寝が目標のプカプカプー@PCです。
原因はフォイパンだったのですか?そのシリアルナンバーはアナフィラキシーショッカーとしては、若干羨ましいところではありますが、珍しい症例だったんですね…。辛いなぁ。
本当に、危ないから他の病院はダメですよ~
エスパーじゃなくて、私でも読めます、ハイ!
だって、そこでアナフィラ起こすかもしれないじゃん~×
「ハワイは嘘です、皆さん、是非、病院に遊びに来てください」と、人が変わった様に定型文を変えて、素敵なお友達皆に、送信し直しですっ!!後は友達が来るまでに、余興として、ベッドで浮く練習でもしておけば完璧ですっ。
[ 2007/12/27 01:29 ] [ 編集 ]
フォイパンではなく、FOYというお薬です。FOY、フサン、ミラクリッドは急性期にお世話になる点滴薬です。
薬品の場合は死亡例じゃなくても医療機関→薬品会社→厚生労働省と報告がされて情報がストックされるようです。

わかりました。送信しなおしはともかく、今からベッドに浮く練習を始めます!同室住人からの苦情、看護師からのおしかりがあった場合はプカプカプーさんに責任を取ってもらいましょう。
前から空中浮遊には興味があったので望むところです。v-8
[ 2007/12/27 01:46 ] [ 編集 ]
私も
退院しても、幕の内に救急外来の手を煩わせる可能性大
ま、いいっか(笑)
[ 2007/12/27 14:24 ] [ 編集 ]
FOYは別なのですね、フムフム
点滴はFOYなんですね、フォイパンの点滴版を親しみを込めて呼んだ通称かと思ってました。。じゃ、点滴じゃなければいいのかな?
厚労省に名前が残るんですね…。すごいー。
なんだっけ、情報開示?あれで、アナフィラキシーショック事例の文書を見せてもらってこようかな。
省庁なら近いので、皆さんを代表して行って来ますが、でも、人の事例みても自分が起こすとは限らないから、薬剤名チェックしても仕方ないかぁ。

ベッドに浮く練習は私が責任取りますよ。
どーやって責任取るかってーと、皆の喜ぶ様なモノ、送ったりすればいいんでしょ?
万が一の時は、私がベッドの上で浮いている画像とプカプカ教のご案内を送りますよ。大体、プカプカプーですよ、毎日当然、浮いて寝てますから。
[ 2007/12/28 02:19 ] [ 編集 ]
点滴の落ちが悪いなぁ。隣のじいさんは1時間に1回W.C.へ起きるし、電気カミソリをもう45分も使ってて大迷惑、眠れない時に騒音系はつらいです。(/_;)
眠れなくなって、これで3日目だから病院もちょっと焦り気味。眠剤や鎮静剤効かないの知ってるから困ってるようです。
[ 2007/12/28 07:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/160-0e36bf08




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。