スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HAPPY & MERRY CHRISTMAS ♪

下界に負けず、病院内も 盛 り 上 が っ て き ま し た
医師、看護師バンドによるクリスマス・ジャズ・コンサート
各病棟オリジナルのデコレーションでデイルームもにぎやかです。
看護婦さんもサンタさんに変身。男性看護師はトナカイです。
天神祭りのときの浴衣も良かったけれどこっちもgooです。


夕食はクリスマス特別メニュー(膵炎患者はデコレーションだけで中身は膵炎食です)
動ける見た目が怖くない患者有志は小児科病棟へプレゼントを配りに行きます。

その他、イベント盛りだくさんで休日なのに普段より職員・看護師の出勤が多いと言うまさにお祭り好きな土地柄の面目躍如です。噂では吉本の若手が慰問に来ると言う事ですが、爺様ばばさまに今の若い子の漫才が通用するのでしょうか?(笑)
1,000人を越える患者に職員・医師・看護師・見舞い客を合わせるとちょっとした街の出来上がりです。

噂では正月はさらにパワーアップした催しが企画されているとの事。
うちの病院も大赤字の癖にやります。(笑)
ライバル病院はもっとすごいらしい(向こうは黒字経営)ので隙があれば見学に行ってきます。
CA390043-0001.jpg     CA390067-0001.jpg


CA390069-0001.jpg CA390028-0001001.jpg 6c98016a_20071224110930.jpg


[ 2007/12/24 11:35 ] 膵臓 いろいろ | TB(0) | CM(6)
すごいんだ~!
もっとプチなイベントを想像してましたが、ものすごいですね、どこも大きい病院ってこういうものなの?!
動ける見た目が怖くない患者有志は小児科病棟へプレゼント
ってのがなんか笑えます。落選する見た目の怖い人はちょっと気分悪いですね…。
ところで、この画像、右下、看護師さん? 可愛いですね!戴きですe-266
(あっ、私はレディでした…)
[ 2007/12/24 14:15 ] [ 編集 ]
(*^-')ノ☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆ヽ('-^*)

トロロも落選か?
だからか、落ちてるトロロです。
なんか一発かまして浮上させておくんなまし。
[ 2007/12/24 17:42 ] [ 編集 ]
衝撃波療法
皆さんお元気なようで羨ましい。私は今回入院こそしなかったものの動けません。おかしいなあと思っていたら低血糖になっていました。急いでグルコースを2錠ほど飲んだら少し落ち着きました。ところで「衝撃波」の件ですが以前、主治医に話したところ「あなたの膵臓にはマイナスと考えられますので勧められません」と言われそれ以後私は口にしていません。前に書いたとおり非教科書的人間ですから仕方ないのでしょう。だから、私の膵臓の石は今のところ膵管の出口付近に来たときにERCPで処理するしかないようです。困ったものです。サンタさん本当に可愛い。
[ 2007/12/24 17:56 ] [ 編集 ]
すごいですね。
私の入院してた病院は、17床しかありませんでした。
大きな病院て、凄く楽しそうですね。
入院中、「ひな祭り」と「敬老の日」を経験しましたが、食事が、ほんのちょっと豪華な事と、おめでとうと言う手作りのカードが付いていただけ。
それでも、入院中はうれしかったなぁ~。
それにしても、可愛いサンタさんですね。
サンタさんに宜しくお伝えください。
[ 2007/12/24 21:00 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん
キリスト教系病院のクリスマスはものすごいですよ。うちは地味な方だと思います。ライバル病院は明日、芸能人を呼んでいるようです。東京の方も聖路加とかはイベントやってるんじゃないでしょうか・

トロロさん
...

hiroさん
大変ですね。血糖コントロールがうまく行くことを祈っています。ESWLがだめで、膵管鏡下レーザー砕石もだめなのですか?私は経口膵石溶解療法をすることになっていますが、hiroさんの状態ではこれもだめなのでしょうか?毎回ERCPでの処理となると本当に困ったものですね。
私の主治医は併用療法(combination therapy)主義なのか実験好きなのかいろいろな方法を試しています。噂では鍼灸に凝っているそうで、ERCPの苦痛緩和に針を刺してみたいとつぶやいているそうです。そのうち膵臓病と鍼灸治療の新境地を開いてくれるかもしれないと期待しています。
[ 2007/12/24 21:19 ] [ 編集 ]
maccom1さん
楽しいかそうでないかは、看護師さん達次第ですね。今は私にあっているのでしょうか、楽しいです。しかし、これも同室の住人次第でころっと変わるので要注意です。同室の住人というより、その見舞い客に閉口してしまうときがあります。が、ピンチはチャンス。そんな時には看護婦さんのところへ非難して仲良くなるのです。

ちなみにこの病院は女医さんと看護師さんのレベルが高いので有名だそうです。ナイチンゲール症候群に気をつけなければ(^_^.)
[ 2007/12/24 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/153-e793d55a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。