スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アナフィラキシー(anaphylaxis)

アナフィラキシー(anaphylaxis)の説明と対処について内科(アレルギー)から説明があるそうなので行ってきます。車椅子での移動です。楽チンなのはいいけど、脱走して売店にいけないのが困り物です。付き添いの看護師さん、コーヒー一杯で買収されてくれないかな(笑)

帰って来ました。IgE抗体検査の結果が全て出ていないので、現段階では、アナフィラキシー様症状と言うそうです。しかし、アナフィラキシー症状の全てのIgE抗体についての反応を確かめる手段が現在の医療ではないのと、重篤性からアナフィラキシー・ショックと診断する。との事でした。

アナフィラキシーの定義
1.呼吸困難、全身紅潮、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等)、蕁麻疹のうち、複数が合わせて発現した全身的の症状。
2.アレルギー性と考えられる急性で重篤な呼吸困難。

上記の症状に血圧低下・チアノーゼ、末梢循環障害(ショック)が加わった場合、アナフィラキシー・ショックとなるそうです。つまり、急性膵炎と重症膵炎の関係みたいなものです。死亡率も抜群に高いそうで、患者は
自費ですが、気管支や血管に働いて呼吸困難や血圧低下等のアナフィラキシー症状を改善する自己注射用エピネフリン注射液を購入して携帯しているようです。

アナフィラキシーショックとは、即時型アレルギーの一種で劇症アレルギーに分類され一度抗原にさらされて抗体が出来た人が、再び同じ抗原に接触した時に起きる急性で全身性のアレルギー反応を、アナフィラキシー・ショックといい、どんな抗原でも起きるが、一般的には[薬物][昆虫の刺傷][特定の食品][アレルゲン免疫療法注射]で起きるとされています。

このアナフィラキシーと呼ばれるアレルギー症状はスズメバチに2度刺されたらヤバスの話で有名ですが、それのグレートな奴がアナフィラキシー・ショックです。原則として症状の発現が早い場合は重篤で、遅いと軽い傾向にありますが、症状が進行性であることもしばしばで、症状の発現まで30分以上かかることはまれだそうです。
アナフィラキシーショックは発症が非常に急激で、かつ気道の閉塞を伴います。それによる死亡は初期の1~2時間に起こり、多くは喉頭のむくみや不整脈による心停止などが原因です。さらに重篤な酸素欠乏症と血圧低下によっても起こります。つまり、最初の1時間に救命行為が行われなければ、ほぼ絶望。予後として重大な障害が残る事がほとんどだそうです。

私の場合は、血圧が30まで降下、測定不能まで5分という最悪の状態にもかかわらず、1.発見が早かったこと、2.適切な応急処置、3.救命医療へ早期に切り替えたこと。という全てが最高最良の条件であったので無事に帰って来れました。

これからの対症方法としては、1も2もなく予防だそうで、幸い私の場合は対象薬物が判明しているので、過去のアレルギー疾患歴や薬物に対する反応性などを十分知って、その薬を再使用されないよう自己管理をしっかりすることだそうです。

自己注射用エピネフリン注射液携帯中
素晴らしいご説明、素敵です。
まさかここで、amylaseさんがアナフィラ起こしてしまうとは、偶然の出会いです…。
(嬉しくない出会いですね…)
エピペン(自己注射用エピネフリン注射液)は私もピンチの為に常に携帯してますが、10分間しか血圧上げてくれないのだそうです。本当に、搬送されるまでのつなぎです。
しかも、私は都内なので、都内で何かあって10分で搬送されるとは思えません。まず、救急車が10分で着かないと思う。
でも二本持とう、という話は出ませんでした。。

入院中は大丈夫と思いますが、私は着々と薬物アレルギー増加をさせているので、本当に今後の治療も注意が必要ですね。欧米式、は日本在住でも行えるのかな。
もう、ぜーんぶ、出来る範囲の検査してもらって、あとこれからも常にアレルギーにもアンテナ張って、体直す為の薬になんか負けずに行きましょう。
○○○○○名簿になんか、お互い、絶対掲載されませんよっe-329約束しましょうっ。
[ 2007/12/19 22:57 ] [ 編集 ]
さすがプチ王様
女王じゃないところに一抹の不安を覚えますが(笑)

確かにエピペンを刺してから救急車が来るまでハラハラドキドキですね。まさしく掛値なしに生死を賭けた10分間です。
http://www.epipen.jp/index.html
私もここのサイトと同じパンフレットもらって個人処方してもらいました。
看護師さんに質問は?と聞かれて、「これから一生ジーンズはけないですか?」と聞いたら「脱げばいいやん」と笑われました。

もし助からなかった場合、君は私にジーンズをずり下げた無様なパンツ姿で死ねというのか!!
[ 2007/12/19 23:20 ] [ 編集 ]
女王の方がいいっ(`´)
amylaseさんが私を王様って言ったんじゃないか~!プチ女王様に変更申請願います。
エピペン、すぐ出たんですね、さすがでかい病院は貯えがあるのですねぇ。私はアレルギー科のクリニック(仕事しながらの通いやすさを考えて)だから、お取り寄せグルメでした。
エピペンは多分、デニムはいたままで刺さりますよ。衣服着用のまま刺せる様な設計、ぶっとい針になってるし、使い方DVDでも、パンツの上からブッ刺してたから、デニムの金属や縫い目部分を避ければいけるはず。だから、やりたいならいいのだけど、ジーンズ半脱ぎとかは( ̄~ ̄;)私は、しない、プチ女王様はいたしません!(まだ使ったことないけど)
[ 2007/12/20 01:48 ] [ 編集 ]
大変でしたね!
アナフラキシーショック、私も一度だけ経験が有ります。歯科で虫歯の治療をした時でした。気がついたら近くの総合病院のベッドの上でした。後から聞いた話では何でも血圧が40をきっていたそうです。それ以後、その歯科では恐がって治療をしてくれませんでした。それで大学病院の歯科を紹介され歯の治療はそれ以来一時間かけて大学病院で治療を受けています。何でも二度目は多分死ぬと脅かされました。原因は喘息やら膵炎の治療の影響ではないかという話でした。何しろいろんな薬や麻酔も何度も受けていますからね(笑えない)。でも、無事で本当に良かったですね。私は今膵臓痛のため、ソセゴンを飲みました。夜間救急には行きたくないです。
[ 2007/12/20 02:09 ] [ 編集 ]
ソセゴンはもう3週間近く使ってません。今回はレペタン注の連続使用でした。次はソセゴンかなぁ。ローテーション組まないと効かなくなってきています。
hiroさんはインシュリン使用まで進んでられますが、やはりソセゴン級の痛みが残っていますか?
私は最近、痛みに対する耐性がついたのか、CT写真や数値に比べて痛みが低いです。医者は膵臓の荒廃化が進んでいるのではないかと心配しています。落ち着かれたら教えてください。
[ 2007/12/20 02:21 ] [ 編集 ]
ジーンズずりさげた格好
想像してしまいましたw失礼しました。でもそれはマジきついっす。
凄い太い針だと思ったら衣服の上からでもOKなんですね。
確かに脱いでる暇はないよな。
エピペンっつーのは、一度アナフィラ起こしたらみな持っておくものなんだろうか?
でも、応急措置で、それやればOKってワケじゃあないんでしょ?
これ打てば病院行かなくても大丈夫!みたいなのはないの?
[ 2007/12/20 08:41 ] [ 編集 ]
私はアレルギーは素人だからわからないですけど、薬疹や静脈炎起こしやすい人はショック反応も起きやすいらしいですよ。
ただのアナフィラなら大丈夫なんでしょうが、グレート・アナフィラは即、落命につながるから強くお勧めされるようです。
私のグレート・アナフィラは来たらメガ・ヤバスなので、こいつで10分間動けるようにして救命医療を受けられるまでの時間を稼ぐためのものらしいです。
ヒットさせたらすぐに119番するように言われました。

>これ打てば病院行かなくても大丈夫!みたいなのはないの?
プチアレルギストはよくわかってませんので、プチクイーン(プリンセスではないようです)におまかせします。(笑)
[ 2007/12/20 09:31 ] [ 編集 ]
こんばんは!いやおはようございますですかね?昨晩はソセゴンでなんとか乗り切りました(?)が、又腹部と背中がチクチクと痛くなり、今起きています。なんか気持ち悪い感じです。インスリンを打つようになると一般的には膵臓の末期みたいな感じが確かに有りますが、私の場合は膵臓の状態が少しおかしいようです。急性から慢性に移行したのがとても早くてもうそのときに膵臓には石が出来ていました。それから半年もしない間に糖尿になりました。膵管の拡張もあるといわれました。で、その時に主治医から、確かに早いが人間の身体は教科書みたいにはいかないものだよと言われました。
だから急性憎悪もしばしば経験しています。石が詰まりERCP も何度か経験してます。今も腹部がチクチクしています。でも昨夜よりは幾分軽い感じです。ソセゴンは飲まなくて乗り切れそう?この石がこのままの位置にあることを祈るだけです。この位置より狭いところにきたら多分アウトでしょう。
[ 2007/12/21 02:06 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
hiroさんも特殊なケースなんですね。といっても、母体が少ないからなのか、なかなか治療のガイダンスができないくらい病態が多い膵炎だから仕方ないのかも知れませんね。
私の場合は今日、メシル酸成分を含んだフサンとフオイパンのアレルギーテストを行うのですが、反応が出てしまうと治療が行き詰ってしまいます。
私は石がひっかかりそうな大きさになる前に粉砕術を行う事になっていますが、hiroさんの場合は粉砕は使えないのですか?
お互い苦労しますが、年末年始ははおだやかに過ごしたいですね。
[ 2007/12/21 06:37 ] [ 編集 ]
遅ればせながら
まだちょっと気持ち悪い、アレルギープチクイーンがエピペン(自己注射)の疑問にお答えします。
エピペン君は補助的なもので、なおかつ症状により、必ず効果が出るとは限りません。ギャンブルみたいなものですね…。
でも、緊急時に疑っている余地はありません、とにかく救急車が来るまでの『つなぎ』です。
これでも日本でこれを自己注射として処方される様になった事だけでも、素晴らしい事なのです。それ以上の治療は病院頼みです。
ちなみに小児用もあり、USではこれを携帯している子供は沢山いるそうで、そういう部分から見ても、やはりアレルギーでも日本はまだまだ、な訳ですね。
気持ち悪いので大した説明ではなかった…。。すいません。。
[ 2007/12/21 15:26 ] [ 編集 ]
プカプカプーちゃん
あぁ~、体調が悪いのに、ゴメンね。ありがとう!
ギャンブルなのね。しかし賭けないワケにはいかないものだものね。
今夜もパーチーだっけ?無理しないでねん!
[ 2007/12/21 18:51 ] [ 編集 ]
大丈夫ですっ
皆さんに比べたら、間違いなく私の体調は軽微な症状のはず。
大好きなエピペン君には黙っていられません!(まだ使ってないのに、かなり惚れこんでますe-266)

アナフィラキシーショック、amylaseさんみたいに、自分は意識ないのに実況中継みたいに細かい状態を知る事は、普通では無理なので、こういうのはとても重要な情報でした。
入院してなくて、救急で搬送された場合、2,3時間で治ったら大体普通に帰されちゃうし、治った感激で細かい事を聞くという発想はその場では浮かばない為、未だ、私を数分で助けてくれる点滴の薬剤名も分かってません…。

ちなみに、エピペンには細かいルールが設けられています。
なおかつ、薬剤の使用期限切れを事前にお知らせするハガキが来るシステムまであります。
そして、そのハガキが、今日、届きました。
せっかくなので、今度、我がブログでそのルールやお知らせハガキなど公開してみますね!
って、エピペンの営業マンではないですが。
危ない事起きた経験ある人は、安くはないけど、あった方が安心だよって事で。
ね、amylaseさん!(もう、外出できたのかな?)
[ 2007/12/22 01:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/148-2b12b99a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。