スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小腸造影検査-X線透視検査

膵炎の検査ではないのですが、X線透視検査を受けてきました。
膵臓の炎症で小腸に影響が出ていないかを調べる検査です。
大腸・小腸を患われた方にはおなじみの検査でしょう。

X線によく写る透明の「ガストログラフィン(造影剤)」と発泡剤を飲んだ後、
小腸まで流れるのを待ち(個人差が大きく5分で流れる人もいれば、
2時間位かかる人もいるようです)、発泡剤から出るガスで小腸を膨らまし、
その状態で検査台にのります。
検査台を起こしたり寝かしたり、また、自分が右を下に横向きに寝たり、
左を下にしたりして、体勢を変えながら、小腸の表面にガストログラフィンを
付着させたり流したりしながら、小腸の表面や臓器の形をX線透視で、
リアルタイムに確認後撮影し、病変の有無を診断するという検査です。

前日からの絶飲絶食とガストログラフィンの味が不味いのをのぞけば、
身体に負担もないし楽な検査でした。
絶飲絶食は初めからですし、不味いといっても小さなコップ一杯分ですから
一気に飲み込めば、そんなに不味いとは思いませんでした。
検査台がグルグル動くのも気分が悪くなるようなものではなかったです。

結果は異常なしでした。元々異常がある可能性はすくなっかたのですが、
ガストログラフィンの下剤効果を期待しての検査という面が半分くらいあったのです。
結果は未だに出ていません。下痢した時の腹痛と便意はあるのですが...

[ 2007/12/12 11:14 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(1)
たぶん
たぶん5分で流れるだろうな~。
トロロは早いです。あっという間にこんなん出ましたけど~って感じ。
ダーリン驚く、驚く。トロロは毎度の事だけど。

まだ出ない?不思議だな~。トロロの念はどこへ~?
もしかして結界張ってないwww?
[ 2007/12/12 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/139-9185b240




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。