スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fry me to the moon

歯肉炎ごときでソセゴンパワー全開ともいかないので、

午後からは気を紛らわすのにサイトを作っていました。

初めは趣味のJAZZ関係の物を作るつもりだったのですが、

「Fry me to the moon」を聞きながらつくっていると、

オカルトサイトになってしまいました。

サイト名は「Fry me to the moon

枠組みしかできていませんが、入院期間中に形にしたいと思っています。

リンクつけてもいいよ。って人は教えてください。

「Fry me to the moon」は1953年に[In Other World]のタイトルでバートハワードが
作詞作曲したワルツ調バラードが原曲です。62年にピアニストのジョーハーネルが
ボサノバにアレンジし、原題に改めてから大ヒットしました。ミディアムスローのテンポで
フルートとベースのソロをフィーチャーとしたカウントベイシー、クーティウィリアムス等、
トランペットを聞かせるデュークエリントン盤も素晴らしいです。
ベイシー楽団をバックにしたシナトラの名唱も有名ですが、女性歌手のバージョンの方が
心に残り、その中でも特にアストラッドジルベルトはけだるく切なくて、文句なく最高です。


いろんなアーティストがカバーしていますが、推薦盤は

Fly Me to the Moon/My PrescriptionFly Me to the Moon/My Prescription
(2004/08/30)
Bobby Womack

商品詳細を見る


カウントベイシー/ジスタイムバイベイシー

デュークエリントン/ヒッツ・オブ・ザ・60

フランクシナトラ/シナトラとベイシーの再会

アストラッド・ジルベルト/いそしぎ

などもCoolです

若い人には、宇多田ヒカルがデビュー当時歌っていた方が有名でしょうか?

[ 2007/12/09 15:10 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/134-7226a588




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。