スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎 痛み止め レペタン

今回お世話になっているのがレペタン(塩酸ブプレノルフィン)です。
座薬は前から使っていましたが、今は0.3mgを2時間毎に静注しています。

オピオイド鎮痛薬(拮抗性鎮痛剤)という種類で系統的にはモルヒネやソセゴンなどと同じようです。

非オピオイド鎮痛薬のボルタレンやロキソニンとは違った効き方をします。

ボルタレンやロキソニンは炎症を抑えたり解熱の作用を持っていますが、オピオイド鎮痛薬にはそのような効果はありません。医療用麻薬に分類されるだけあって、強力です。

私の場合は、痛みを取ってすっきりというよりも、痛みを落ち着かせるというような感じで効きます。少し眠気を感じるときもあります。
ソセゴンやMSコンチンもそうですが、癌の疼痛用は同じような効き方をするようです。
チキショー、ネベェ3連発です。ジェットストリームアタックかよ!

副作用は眠気、吐き気や嘔吐、呼吸抑制があるようです。私はたまに眠気が出るくらいです。依存性があると言われていますが、私にはそう感じられません。
そのときの体調によって効き方が違うのですが、今回はソセゴンと比べてレペタンの方が効果が高いです。

[ 2007/12/01 21:45 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/106-e1035a1f




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。