スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)についてのアクセスが多いので、少しでも参考になればと、「IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説」「画像所見のよみ方と鑑別診断―胆・膵」の出版元「医学書院」さんでの当時の対談から「IPMN」についての部分を抜粋してみました。

山雄健次氏(愛知県がんセンター中央病院 消化器内科部長)
田中雅夫氏(九州大学大学院教授 臨床・腫瘍外科)

田中雅夫氏は第40回日本膵臓学会大会でも、IPMN/MCN国際診療ガイドライン改訂に向けて(指定) -嚢胞性膵腫瘍委員会の活動報告を行われます。

日本でしかできないIPMNのエビデンス発信を

田中 MCN(mucinous cystic neoplasms)は対処の仕方も決まっており、あまり疑問を感じなくてすみます。一方、IPMNは、ガイドラインは出ましたが、概念そのものがそれほど普及していません。そしてガイドラインを読んでいる人たちも、管理についてはまだまだ迷いながらやっている状況だと思います。

山雄 IPMNも、日本では大橋計彦先生、高木國夫先生が粘液産生膵癌という名前を提唱され、いくつかの変遷を経てIPMNとなりました。粘液産生膵癌の原点は、乳頭開口部が大きく口を開けて、そこから粘液が排出されること。主膵管に狭窄がないのに、びまん性に非常に拡張していることでしたが、IPMNと名称が変更されてから、粘液のことが忘れ去られてしまったように思います。

 アメリカは、ERCPはあまり行われず、IPMN診断の際、EUSで穿刺して、それで粘液か、粘液でないか、あるいは良悪性を診断することが、現実に行われているといいます。

 日本で同じことをすると癌が播種するといわれ、ひどく叱られます(笑)。私も、これに関しては絶対に反対で,『IPMN/MCN国際診療ガイドライン』の作成時、「穿刺をして情報を取れ」と外国の先生から強硬に言われましたが、私どもも強硬に反対した経緯がありました。

田中 最終的に穿刺し情報を取ることは入れませんでしたが、アメリカでは確かに穿刺を普通に行っています。IPMNを穿刺し、中のCEA(carcinoembryonic antigen)を測れば、癌では増えているというわけです。非常にダイレクトなエビデンスを早くつけなければならない医療経済上の理由もあるのではないでしょうか。

山雄 そういう医療事情も影響しているとは思いますが、原点に戻って、少なくとも最初の1回はERCPを行うことを勧めたいですね。ERCPは細胞診もできるのですから。乳頭を確認しないで、穿刺し、IPMNと診断するとは本末転倒だと思います。

田中 本ガイドラインはいずれ時機を見て改訂していくこととなりますが、その時には、アメリカから穿刺して、EUS- FNA(endoscopic ultrasonography guided fine needle aspiration:超音波内視鏡下吸引細胞診)でどう鑑別診断するか、どうマネジメントしていくかなどデータを揃えて出されるでしょう。それに対して日本の、特に消化器内科の先生方は、日本でしかできない綿密な経過観察を出していただきたいと思います。粘液を見つけ、大きくなってきた時にどこで癌が出てくるか、あるいは癌のサインがなく出てきているのがどのくらいあるのか。そういった綿密なフォローアップは、外国ではできていないのだと思います。ここは日本がきちんとデータを出していくべきところです。

 そうしてエビデンスが蓄積されコンセンサス・ガイドラインではなくて、エビデンス・ベイスド・ガイドラインにすることができる時代がくるだろうと思います。

山雄 もともと、IPMNの概念は日本で最初に報告されたのですから、日本の若い先生も、このガイドラインをしっかり読み、現時点でのコンセンサスを認識していただき、その上にエビデンスを築いて発信してほしいですね。

田中 粘液産生腫瘍に関しては、WHOに名前まで変えられてしまいましたが、まだまだ日本から発信すべきことはたくさんあると思います。若い先生方にも、ぜひがんばっていただきたいと思います。

IPMNは興味深いことに、マーカーの値で膵癌と区別することが難しいのです。
IPMNになった時点で、正常とは違うマーカーのレベルになっていることがかなりあります。
ですから、IPMNは前癌病態ということになります。
IPMNになった時点で、膵癌と同じような細胞を持っている。
それで、IPMNの良性と、膵癌になったものを区別すること、これが非常に難しいです。


山雄 IPMNの患者さんを登録して、プロスペクティブに診ていくことを、学会が率先して全国規模で行い調査結果を世界に発信することも考えられますね。これは、5年、10年と進行が遅い腫瘍ですから、調査には長い期間が必要ということも考えると、日本でしかできない調査かもしれませんね。

田中 それこそ、壮大なる計画になるでしょうね。考えてみないでもないのですが、膵臓学会は膵癌登録を行っていますし、数年前から嚢胞性腫瘍なども登録するようになりました。ただ、IPMNというのは、結論が出ていないままの患者さんたちがたくさんおられます。嚢胞があって様子をみている患者さんまで入れますと、膵癌の何倍にもなるでしょう。すべては無理ですが施設を限定して、やるべきことでしょうね。

超音波内視鏡検査(EUS)、超音波内視鏡下穿刺吸引術 (EUS-FNA)についても触れられていました。

田中 EUSは、得意・不得意があって、名人の域が必要な検査だろうと思います。以前、ERCPを行うには名人であることが必要だったようにです。EUSも、膵臓に関しては読む力が重要で、個人差がすごく大きなものだと思います。

山雄 検査体系として名人にしかできない検査はいけないと思います。EUSを標準化するために,EUSを積極的に行っている先生方と取り組んでおります。すでに発表し、冊子にもしていまして、これを普及させていきたいと思っています。

 それと、日本の医療事情では、1つの病院にすべての検査機器が入っていますが、欧米のように,ある種の検査はセンター化して患者さんを送ってもらい、診断して帰ってもらって、そこで治療を受けていただくというようなことも、考えていかなければいけないでしょうね。

田中 そうですね。特にEUSは、見る目が養われていないと見落としてしまい、鑑別すらできなくなってしまうことが多くあるかと思いますので、少なくともEUSについては“名人”のところで診てもらうほうがいいと思いますね。

山雄
 最近では,細胞を採る検査として、EUS下穿刺というものも普及してきました。膵癌も、治療の中心はもちろん手術ですけれども、抗癌剤治療、あるいは放射線と抗癌剤の併用療法も、よく行われています。ニーズも増えていますので、EUSのできる医師を,ぜひたくさん育てていきたいと考えています。

関連記事 : 腫瘍性膵嚢胞
スポンサーサイト

[ 2009/02/28 21:30 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(2)

ガン病棟のピーターラビット

グイン・サーガは123巻でまだ序章が終わったばかりらしいです。

栗本 薫さんは「伊集院大介シリーズ」「ぼくらのシリーズ」で「御大」として有名ですが、「中島 梓」名義でも評論・脚本・演出などを行っておられます。

2007年の冬に発症して、即手術、癌の中で最も生存率の低い膵臓癌と判明、手術後に肝臓に転移が見つかって、現在抗がん剤による治療を行っておられます。

この闘病の近況は「神楽坂倶楽部」で公開されているのですが、先日のメッセージでは

「先日のCTスキャンの結果は『ほぼ横這い』で、ほんの1㎝ほど大きくなってしまった。」

「母親がコトコト煮てくれた野菜スープと薄いトーストの耳なしのやつ、1枚食べられましたから、まあ、これまでとしては上等のほうでしょう。」

という状態にもかかわらず、その積極的な活動には驚かされます。

時間を区切られた人の死生観(死を通した生の見方)ゆえのものでしょうか?

全ての人が「生きた長さの問題ではない」って思えるようになるとは思えませんが、ひたすら自分の出来ることを全うしている栗本さんの生き方は非常に考えさせてくれますし、同じ状況の人達に力を与えているのではないでしょうか。

123巻でまだ序章が終わったばかりのグイン・サーガ シリーズですが、ぜひ完成させて欲しいものです。

ガン病棟のピーターラビットは中島 梓名義で出版されています。



ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫)ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫)
(2008/08)
中島 梓

商品詳細を見る


ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2009/02)
栗本 薫

商品詳細を見る


関連記事 : すい臓癌から二つ

[ 2009/02/28 20:09 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(0)

トニー・ブラウン!!

ラフビー日本選手権が、東京・秩父宮ラグビー場(観客11709人)で決勝が行われ、三洋電機がサントリーに24-16で逆転勝ちし、2季連続2度目の優勝を果たしました。

三洋は序盤からFW戦で押されて前半を3-9で折り返したが、後半19分に吉田のトライ(ゴール成功)で逆転。さらに北川が2トライを立て続けに決めて突き放しました。

詳しいスコアは日本ラグビーフットボール協会のサイトで。

前半は終始完全にサントリーが練習通りセットプレー中心のゲーム運び、3PGで試合を支配していました。

後半に入っても、サントリーはキック主体で進めていくのですが、後半14分、榎本に代わってトニー・ブラウン登場!

すると、押されていたサンヨーが攻撃に転じていきます。

復帰後、本調子ではなかったトニー・ブラウンですが、やはり、トニー・ブラウン!
サンヨー攻撃陣の動きが生き生きとしてきます。

(ひょっとして、トニー・ブランを投入する最後20分にスタミナを温存する作戦だったのかもしれません)

さすが、元オールブラックス(ニュージーランド代表)!出ている選手の中でもレベルが全く違います。
シンプルにゲームを組み立て、正確なキック、パスのうまさ、視野の広い守備。
一人の選手でここまで変わるのかと、感動しました。

17分のスクラムからはこれぞラグビーの試合!サンヨーのフォワードがブラウンから勇気をもらったようでした。

トニー・ブラウン投入5分後、トニー・ブラウンの一人外したパスから吉田尚史がトライ。8-9
入江順和のゴールも決まって逆転。10-9

今年はルールが変わってキック中心の試合が多かったのですが、やっぱりラグビーはトライがなくちゃ面白くない!

この後も、25分、33分に北川智規がトライをあげて(ゴールは入江順和でいずれも成功)サンヨーは後半3トライで試合を決めました。

サントリーは終了間際に、北條純一がトライを返すもののそこまで。
ライアン・ニコラスのキックに頼りすぎたかなぁという印象でした。

最近、ラグビー人気が低下していますが、このゲーム後半のような試合が続けば離れたファンも戻ってくるかもしれませんね。

それにしても、外傷性膵炎の手術から4ヶ月。トニーブラウンの回復力には驚かされるばかりです。
まだベスト体重より-13kg、さすがにスタミナは戻っていなく40分出場が限界のようですが、その的確な戦術はさすがでした。

Tonny.jpg


関連記事 : トニー・ブラウン復活

[ 2009/02/28 18:37 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)

白衣高血圧症

このところ、膵炎でミラクリッドフサンの点滴を受けていたのですが、処置を担当してくれた看護師さんが産科の方で、「ミラクリッドは産科でもよく使われるんですよ」と教えてくれました。

妊娠中の投薬に関しては例のごとくミラクリッドの添付文書にも「妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。」とあります。

しかし、妊娠中の羊水中(胎児尿中)にはウリナスタチン(ミラクリッドの主成分)が多く含まれていて、卵膜の脆弱化を予防していることがわかっているので、切迫流産の危険性がある妊婦の方にはミラクリッドが処方されることが多いそうです。

ついでに、この看護師さん。

「私みたいな別嬪が血圧はかると、白衣高血圧になる人が多いのよ。」とほざいていました。

白衣高血圧症

普段は正常な血圧なのに、診察室に入り医師や看護師を目の前にすると緊張し、血圧が上昇する人のことだそうです。
良く似た物に、手術の前になると緊張して異常な高血圧になる人もいるそうです。
私が何度かERCPを受けた時の中で、一度開始時間が繰り上がったことがありましたが、その時は前の患者さんが内視鏡室に入ったとたん血圧・脈拍ともに急上昇して中止になったので早まったと説明を受けました。

一般に女性の方が男性より血圧はかなり低く、女性で150以上の高血圧というのは珍しいそうです。
そこで、女性の高血圧の場合は、「白衣高血圧症」を疑ってみることが多いそうです。

軽い高血圧の人のうち約2~3割が、「白衣高血圧症」の可能性が高いそうです。

緊張して血圧が高くなるのは自然現象で性格によるものかなと思っていましたが、「白衣高血圧」は、本態性高血圧の素因を持った軽症高血圧の前段階の人であるそうです。
長期的には全くの正常く血圧とは異なり、心臓肥大、腎硬化症、脳血管障害、心筋梗塞の発生も15年以上の観察では有意に多いことがわかっているそうです。

治療法は降圧剤など薬物治療の必要はなく、腹式呼吸など、軽症高血圧者と大体同じで、適度な運動を毎日続けること、塩分制限、体重減少が大切なようです。



あぁ、白衣フェチでドクター白衣に萌えぇ~!ハァハァしちゃう人は、また別の病気です。(笑)

[ 2009/02/27 18:22 ] 膵臓 いろいろ | TB(0) | CM(5)

膵臓の危険度チェック

「膵炎になりやすい性格?体質?」という特集がでていましたので、こちらは膵炎の危険度チェックを...

もう少し、突っ込んで「言霊」とか「ゲート理論」「スピチュアル」などについても書きかけているのですが、ギランバレー症候群が落ち着いたらUPします。

膵臓の危険度チェックリスト 

(1)脂っこい料理が大好き

(2)ひどくないが胃の辺りに痛みがある

(3)仕事が忙しく、疲れ気味。あるいは寝不足が続いている

(4)酒の強さを自負していて、飲み会などでは結構な量を飲む

(5)中性脂肪が異常に高い

(6)総コレステロールが異常に高い

(7)たばこをよく吸う


(東海大学東京病院・片岡邦三医師)

以前の万歳チェック法

「背中にこりが集中」しているのはすい臓疾患

バンザイチェック法

1,足を肩幅に開く。

2,背中を丸めながら前かがみになる。


 うまくイメージできなければ、YOUTUBEで検索してみてください

このチェック法で

背中の真ん中あたりが痛む場合は膵臓の機能低下の可能性大。


さらに脂っこい物を摂ると背中のコリが強くなる場合

膵臓がダメージを受けている可能性大

みぞおちまで痛みがある場合

膵炎や膵臓癌に進行する可能性があるそうです

*運動不足で身体が固くなっている私は全身が痛かったです。(笑)

膵臓は血糖値を調整するホルモン、インスリンの分泌、消化酵素膵液の生成をする臓器で、
悪くなると血糖値の乱高下や消化不良を起こす。(知ってるって)

膵臓が悪いとなぜ背中にコリがでるのか?

膵臓から脳につながる神経と、背中から脳へつながる神経は脊髄内の同じルートを通っているため膵臓の痛みを脳に伝える際、信号が膵臓の痛みを背中の痛みと勘違いしてしまうため背中が凝るのだと言う説明でした。

なぜバンザイチェックで痛みが出るのか?

膵臓自体には感覚神経がないため悪くなっても痛みを感じない。

膵臓を覆う膜に感覚神経があるため膵臓にトラブルが起こると、

表面の感覚神経が引っぱられる状態。

そこに「伸ばす」という衝撃が加わる事で痛みを自覚しやすくなるのだそうです。

[ 2009/02/25 23:30 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(1) | CM(7)

膵癌 手術数ランキング 2

がん治療が進歩した現在でも、一番手ごわいがんのひとつとされているのが、膵臓がんです。
年間2万人の方が膵臓癌になり、同じく2万人が亡くなられています。

切除手術が可能なのは、膵がんと診断された人の約10パーセント。
その人たちに手術を行っても、治癒するのは10~15パーセントに過ぎません。
膵がんの難しさは、切除できる段階で見つかりにくいのに加え、切除しても治りにくいことにあるのです。

すい臓癌の治療においては手術だけではなく、化学療法・放射線療法なども併行して検討されるべきで、一概に切ればいいというものではないということになります。

化学療法もいくつかのパターンがあり、放射線療法にもサイバーナイフが導入されるなど病院・患者によって治療方針がいろいろ違いますので、以前の放射線症例数やサイバーナイフ導入病院・2ch化学療法を行っている病院のリストなども参考にして下さい。

ガイドラインによれば、「「膵頭十二指腸切除など膵癌に対する外科切除術では、手術症例が一定以上ある専門医のいる施設では、合併症が少ない傾向があり、合併症発生後の管理も優れていると推察される(グレードB)。」となっています。
この一定以上とは最低でも20症例とされていることから、以下では昨年度の年間手術数20以上の病院を掲載してあります。

東 海
 名古屋大学病院63
 愛知県がんセンター中央病院59
 県立静岡がんセンター42
 大垣市民病院28
 藤田衛生保健大学病院22
近 畿
 和歌山県立医科大学病院80
 京都大学病院60
 大阪府立成人病センター57
 大阪大学病院38
 兵庫県立がんセンター38
 大阪市立大学病院33
 (国)大阪医療センター32
 神戸大学病院31
 神戸市立医療センター中央病院26
 関西医科大学枚方病院26
 京都府立医科大学病院24
 兵庫医科大学病院20
中国・四国
 広島大学病院31
 高知医療センター31
 岡山大学病院29
 岡山斉生会総合病院25
 倉敷中央病院23
 愛媛県立中央病院20
 高知大学病院20
九 州
 熊本大学病院34
 九州大学病院33
 宮崎大学病院33
 長崎大学病院30
 大分赤十字病院23




科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)
(2006/04)
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン作成小委員会

商品詳細を見る


今年度のガイドライン改訂では、ジェムザールによる術後補助化学療法の推奨と、サイバーナイフに関する記述が加わるものと思われますが、切除可能な膵癌に対しては外科手術が第一選択であるのは変わらないようです。

[ 2009/02/24 21:23 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(0)

膵癌 手術数ランキング 1

がん治療が進歩した現在でも、一番手ごわいがんのひとつとされているのが、膵臓がんです。
年間2万人の方が膵臓癌になり、同じく2万人が亡くなられています。

切除手術が可能なのは、膵がんと診断された人の約10パーセント。
その人たちに手術を行っても、治癒するのは10~15パーセントに過ぎません。
膵がんの難しさは、切除できる段階で見つかりにくいのに加え、切除しても治りにくいことにあるのです。

すい臓癌の治療においては手術だけではなく、化学療法・放射線療法なども併行して検討されるべきで、一概に切ればいいというものではないということになります。

化学療法もいくつかのパターンがあり、放射線療法にもサイバーナイフが導入されるなど病院・患者によって治療方針がいろいろ違いますので、以前の放射線症例数やサイバーナイフ導入病院・2ch化学療法を行っている病院のリストなども参考にして下さい。

以下は昨年度の年間手術数20以上の病院を掲載してあります。

北海道
 北海道大学病院28
 札幌医科大学病院24
 手稲渓仁会病院20
 北海道消化器科病院20
東 北
 東北大学病院56
 弘前大学病院29
 山形大学病院28
 岩手県立中央病院25
 (国)仙台医療センター21
関 東
 国立がんセンター中央病院95
 東海大学病院70
 東京女子医科大学病院60
 帝京大学病院47
 癌研有明病院44
 千葉大学病院37
 東京大学病院36
 埼玉医科大学国際医療センター31
 神奈川県立がんセンター31
 国立がんセンター東病院28
 虎ノ門病院28
 都立駒込病院28
 日本大学板橋病院25
 埼玉県立がんセンター24
 千葉県がんセンター23
 東京医科大学病院21
 昭和大学病院20
北陸・信越
 信州大学病院28
 金沢大学病院28
 県立がんセンター新潟病院27
 新潟大学医歯学総合病院25




科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)
(2006/04)
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン作成小委員会

商品詳細を見る

[ 2009/02/24 20:53 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(4)

TAKEN 映画

こちらは、リーアム・ニーソン主演、ピエール・モレル監督、リュック・ベッソン脚本・制作の新作映画「Taken」の方です。

このTAKENは、 ヨーロッパ旅行中に誘拐された娘を、 たった一人で救出に向かう父親の物語で、S.スピルバーグの「TAKEN」はこちらです。

--- 長年にわたりアメリカのスパイとして働いてきたブライアン・ミルズ(リアム・ニーセン)は、元妻のレノーラと住む娘のキム(マギー・グレース)を見えない敵から守るために辞職し、公人の警備などを元同僚らと請け負うようになっていた。しかし、キムは旅行先のパリで友人と共に誘拐されてしまい、ブライアンの人生で最も長い96時間が幕を開ける ---

主人公の溺愛する一人娘が、ある日、誘拐され、父親は1人で凶悪な組織から娘を救い出そうとする!!
セガール拳爆発!でも、違和感0です。(笑)

あるいは、離婚した妻レノア(ファムケ・ヤンセン)との間の娘という設定からは、ブルース・ウィルス、最近ではジェイソン・ステイサムでもはまるかもしれません。

ダニエル・クレイグではちょっと若すぎるお父さんかもしれません。

まぁ、そういう映画です。(笑)

アルバニア人のギャング達は女の子をかたっぱしから誘拐しては売り、イスラム教徒達はアメリカ人の処女とセックスがしか頭になく(笑)、フランス人はアメリカ人には冷淡で、アメリカ人のブライアンはその友人であるフランスの元スパイの気さくな妻でさえ銃で撃つという、セガールにはかなわないけれど(笑)、「007 慰めの報酬」より勢いよく撃って殴って蹴り倒します。

人間オークションの元締めを追いつめたとき、 その主犯が 「これはビジネスなんだ 個人的なことじゃない 話し合おう」と持ちかけても……
「俺にはひたすら個人的なことだ」 ...撃て!バン!バン!バン!

本作の監督を務めるのはピエール・モレルですが、彼は『アルティメット』の監督の他、『TAXi4』、『トランスポーター』の撮影監督としてのキャリアがあり、アクションには手馴れた人です。

製作もリュック・ベッソンですので、なぜジェイソン・ステイサムで撮らなかったのかが不思議です。
同じ時期に公開となった「トランスポーター3」とスケジュールがかぶったのかもしれません。

しかしコレが吉と出たのか、現在北米映画セールスで快調な興行収入をあげているようです。

「ボーンシリーズ」や「トランスポーター」、「慰めの報酬」などが好きな方には楽しめる一本だと思います。

アメリカでは、元CIA要員っていうのはこういうイメージが出来上がっているのでしょうね。



[ 2009/02/24 18:48 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)

TAKEN

「TAKEN」…スピルバーグ製作総指揮の1話90分で、全10話のSF超大作TVドラマの方です。

CSなどで時々やっているのですが、未見の方に説明すると、2002年にSci-Fi チャンネル開局以来の最高視聴率を得た本作品は、ゴールデンサテライト賞で最優秀ミニシリーズ賞に輝き、第55回エミー賞でも、ミニシリーズ部門の作品賞を受賞するなど、全米で高い人気を博していました。

ストーリーは簡単です。

「1947年のロズウェル事件から始まる、3つの家族の3世代にわたる宇宙人との交流。」

交流といってもE.T.のような単純な交流ではなく、「アブダクション」、「人体実験」、「政府の陰謀」を軸に描かれています。

内容の濃さのわりに、破綻することなくうまくまとまっていて、映像・音楽も素晴らしい出来になっています。
知ってる俳優さんも結構出てますが、なんてったってダコタ・ファニング(Dakota Fanning)です。

異星人に拉致され、過酷な運命に翻弄されるキーズ家

執拗に宇宙人の謎を追い続け、運命を狂わすクロフォード家

宇宙人と交流を持ち、数奇な運命に身をゆだねるクラーク家

この三家族が出てきますが、ダコタはクラーク家のアリーとして、第1話から第10話の最終回まで物語のナレーションをつとめています。

SF好きなら見て損はありませんし、ダコタファンには必見でしょう。

TAKEN DVDコレクターズBOX 【6枚組】TAKEN DVDコレクターズBOX 【6枚組】
(2008/10/17)
ダコタ・ファニングエリック・クロース

商品詳細を見る




全10話で、1話が約90分ですがあっという間に過ぎていきます。

第01話 空の彼方に Beyond the Sky
第02話 運命の子供達 Jacob and Jesse
第03話 大いなる希望 High Hopes
第04話 恐怖との遭遇 Acid Test
第05話 メンテナンス Maintenance
第06話 新たな世代へ Charlie and Lisa
第07話 神の方程式 God's Equation
第08話 究極の罠 Dropping the Dishes
第09話 邂逅 John
第10話 新たな家族 Taken

「TAKEN]というのは辞書に載っていないと思いますが、take「とる」in「中へ」 で「中へ取り込む、中へ取り入れる」とか「~を理解する」と言う意味でよく使われている言葉です。

[ 2009/02/24 18:03 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)

膵臓外科手術数

日本肝胆膵外科学会では、高度技能指導医(肝胆膵外科に関する診療に従事し、豊富な学識と経験を有し、指導意欲および指導力を有する。)あるいは高度技能医(肝胆膵領域における専門的な知識かつ高い倫理性と修練された技能を備えている。)が1名以上常勤していて、1年間に高難度肝胆膵外科手術を50例以上行っている施設を修練施設(A)、30例以上行っている施設を修練施設(B)として、2008年分から公開しています。

高度技能医修練施設 (A)および(B) ←PDFです。

参考に肝胆膵がんの手術数の多い病院のランキング20位を載せておきます。

全国編

順位病 院 名総 数原発性転移性胆道癌膵がん
01国立癌センター中央27962606295
02東京大学病院268145582936
03東京女子医科大病院251113364260
04名古屋大学病院21348198363
05京都大学病院20493252660
06日本大学板橋病院203112462025
07癌研有明病院19931943044
08県立静岡がんセンター19757534542
09北海道大学病院19495244728
10国立がんセンター東18072522828
11広島大学病院17997232831
12熊本大学病院17897242334
13大阪市立大学病院17778264033
14岡山済生会総合病院15874362325
15和歌山県立医科大学病院15631192680
16愛知県がんセンター中央15425452559
17大阪府立成人病センター15346262457
18千葉大学病院14241333137
19神戸大学病院13967122931
20埼玉県立がんセンター13846501824



肝胆膵がんの分野では切除することが難しい症例も多く、治療法も内科的なものも含め色々です。
特にラジオ波治療が健康保険適用になってから症例を大きく伸ばし、最近ではサイバーナイフが健康保険の適用になったのでこれによる治療も増えてきています。

膵臓癌の術数だけでみると、東北大学病院(56例)、大阪大学病院(38例)、兵庫県立ガンセンター(38例)、九州大学病院(33例)なども多くの膵臓癌に対する外科手術を行っています。

[ 2009/02/24 17:36 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(0)



最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。