スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎の薬 フォイパン フオイパン

あまりにも薬代が高かったので薬の研究です。

まずはフォイパン

439.jpg


蛋白分解酵素阻害薬です。膵液に含まれるトリプシンなどの消化酵素(蛋白分解酵)の働きを阻害する作用があります。膵液から膵臓を守るとともに、腹痛や吐き気などの自覚症状を軽減します。

通常1日量メシル酸カモスタットとして600mgを3回に分けて経口服用します。1日6錠ですね。6錠というのは保険適用で処方できるのが1日にメシル酸カモスタットとして600mgまでだからのようです。私は一時期12錠飲んでいました。

薬価117.7円です。1日6錠として700円、30日で2万円を越えます。
ジェネリックの高い方、モスパン錠100やリーナック錠100で26円...1/4です。
メシタット錠100やアーチメント錠100は15.8円ですから...1/8です。

フォイパンの素敵なところは、人によって効くか効かないか微妙なところです。
ジェネリックだとその傾向はさらに広がるようです。

副作用は注射薬のFOYやフサンに比べてとても軽いのですが、
私は時々薬疹がでました。(そんなに気にならないレベルですが)
スポンサーサイト

[ 2007/11/28 07:13 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(8)

ERCP 術後膵炎

前回の外来時にERCPの手引きというのを渡されました。

術後膵炎でICU送りになった方のブログをタイミング悪く読んでしまい、
逃亡意欲をかきたてられました。
絶対に逃げ切ります。

主治医も消極的だし、MRCPが悪くない限りするつもりはないようです。

私「苦しいですか?」
主「とっても」
私「麻酔ですよね?」
主「局部ね、意識はありますよ」
私「胃カメラのときとっても辛かったんですが?」
主「ERCPはもっと太いから辛さもひどいですよ」
私「術後膵炎って、1%以下ですよね」
主「重症はね、患者さんによりますよ」
私「私の場合は?」
主「半々かなぁ、出来ればやりたくないですね」
私「・・・・」
主「とりあえず資料を渡しておきますね」
私「拒否できます..よね」
主「できますよ、決めるのは本人ですからね」
私「受ければ治りますか?」
主「治りませんよ、慢性は慢性ですから。虫歯もなおらないでしょう」
私「・・・・」

[ 2007/11/27 22:15 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(3)

名医への道

自己免疫性膵炎と言うのは近年発見されたようです。
患者数の少ない膵炎の中でもさらに少なく普通の慢性膵炎とは治療法も違います。

私の主治医はこれに凝っているので、私が自己免疫性でないのが残念みたいです。
私の場合は突発性に入るので、これはこれで珍しいのですが研究意欲はわかないようです。
消化器学会、日本膵臓学会日本腹部救急医学会などでも最近注目の病気らしくて、
主治医もいろいろと寄稿しているようです。
ちなみに、医師と言うのは自分で標榜した科になる、つまり、何科を名乗ってもいいようです。
ほとんどの医師はどこかの学会に所属してその科を専門にするのですが(各学会の会員名簿はオープンにされていますので、例えば消化器ならココから調べられます。)、なかには一人で内科から外科、整形、婦人科など多岐に渡って診療されている医師もいますね。

急性膵炎に関しては急性膵炎ガイドライン 2003
膵癌に関しては膵癌診療ガイドライン 2006
などが出来上がっているのですが、慢性膵炎に関してはまだこれといったガイドラインはなく現在作成中のようです。

慢性膵炎も他の病気と同じようにステージなどを科学的根拠に基づき細分化して、各病院での治療実績から初期の治療エビデンスが確立されれば病院ジプシーの方が少なくなるのではと期待しています。

     医者

消化器学会も、膵臓学会もそれぞれ学会誌があります。
主治医によれば一般人で読んでる人は少ない(というか知らない)そうです。
癌などでは一般の方やジャーナリストなどが購読しているようです。


[ 2007/11/27 21:47 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(0)

血液検査 結果

今日の検査結果速報は少し変わっていました。

 項 目

 数値

 H/L

 GOT

 51

 H

 GPT

 72

 H

 LD

 95

 L

 γ-GTP

 104

 H

 総コレステロール

 129

 L

 HDLコレステロール

 78

 H

 リパーゼ

 81

 H

膵アミラーゼ

55

 H

 白血球

 105

 H



膵アミラーゼやリパーゼが少し高めでした。1ヶ月前は二桁違う数字したので、
どうって事はないのですが(私の場合3桁後半にならないと疼痛は出ません)。

高脂血症用のリピドールが効き過ぎているのか、コレステロール関係の数値が
少し悪いのでリピドールは半分に減らしました。

今回は肝機能系が少し悪くなっていました。
GOT>GPTだとアルコール性肝炎、肝硬変
GPT>GOPだとウイルス性肝炎、薬物性肝炎
という関係になっているようです。

まだどちらも80以下で推移しているので取り立てて心配することはないようですが、
薬物性の可能性を考慮して、今までの眠剤とは別系統のロヒプノールとベゲタミンAを処方してもらいしばらく試してみることになりました。

まずは順調に2週間が経過しました。
痛みはそこそこありますが、12月の雰囲気が少し元気にさせてくれています。

[ 2007/11/26 21:34 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(0)

膵炎の薬代

19,200円でした。
19,200円!リピドール半分に減らしたのに相変わらず高い!
高額療養費で半年ほどしたら戻ってはくるんですが、、(/_;)
CA390018.jpg

痛み止めと眠剤、エレンタールは10日分だけだったのにやってられません。
来月は絶対ジェネリックにしよう。

[ 2007/11/26 12:41 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(0)

膵炎に冬はきつい

脂肪がないから冷たい風が身にしみます。

月曜日は検査が入っているので、体調を整えなくてはと思いながら、
立て続けに入院したので仕事もたまってるし、ちょっとハードスケジュールな毎日です。

     医者         看護婦さん

今の主治医は↑こんな感じです。ものすごく似てます。(笑)

診察前の検査の結果を見ながら、私の体調(外来~外来の間)を聞き取っていくのですが、
いつも片目でギョロっと睨まれるのです。

次回はERCPを受けるのなら、その説明を聞く予定なのですが、
今のところ、順調に過ごしているのでしばらく経過観察になるでしょう。

ERCP「検査」といっても今はMRCPなどの安全に出来る機器が発達しているので、
検査として受けるよりも一緒に処置を行うことが多いようです。(私もそうです)

行ったついでにインフルエンザの予防注射もしたいのですが、
あれって保険対象じゃなかったような?

[ 2007/11/24 05:27 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(0)

12月はイベント続き

私の趣味の一つに音楽があります。

このところ体調のせいもあってLIVEには行っていなかったのですが、
12月は予約してある分だけでもこなすため、
膵臓様のご機嫌を損ねては大変と貢物(フォイパン)をせっせと送っています。

邦楽は毎年恒例の「矢沢永吉」「JAYWALK 」
大好きなJAZZの「日野 皓正/菊地雅章 クインテット 」「大野雄二&Lupintic Five」
これまた恒例の「大阪フィル定期演奏会」

月5回のハードスケジュールです。絶対に入院は出来ません。ソセゴン乱用してでも行きます。

[ 2007/11/18 00:41 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)

膵炎-病態と治療指針-

昨日、病院に行ったときに見つけました。入院中から知ってたらじっくり読めたのですが。
 急性膵炎,慢性膵炎などの膵疾患は年々増加する傾向にあることからはじまり、急性膵炎の致命率を低下させるにはとか、アルコール性慢性膵炎と特発性慢性膵炎の原因・経過、慢性膵炎患者には膵癌の合併率が高い、自己免疫性膵炎の病因を解明することが慢性膵炎の発症・進行を阻止する。(斜め読みです)
といった内容の論文集みたいな感じの特集号でした。
東京女子医科大学消化器内科 清水講師の
「慢性膵炎における膵線維化機序と治療」、
産業医科大学医学部消化器・代謝内科 木原教授の
「慢性膵炎と膵癌-予後改善を目指した慢性膵炎の治療-」の項は特に興味深く読んできました。

病院にあるのをパクるわけに行きませんので(笑)、Amazonで探してみましたがありませんでした。
続きは次回の外来まで待つか、出版元に買い行くか(2,450円でした)悩み中です。

 

   最新医学 62巻9号(通巻779号)

   特集 膵炎-病態と治療指針-

   株式会社 最新医学社

 

[ 2007/11/17 00:59 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(8)

膵臓外科

退院後、初の外来へ行ってきました。
血液検査の結果は、まずまずでした。(^.^)
白血球の値が少し高かったのですが、誤差の範囲内で問題ないでしょうとの事でした。

どの病院でも週に1回程度は、同じ科の医師で会議があるそうですが、
その時に前回のMRCPの写真を見て、他の医師が1~2mmくらいの膵石の可能性を指摘されたそうです。

ERCP時にステントを留置して出すようなことも出来るらしいのですが、
私の主治医は患者(私)の年齢と経過から術後膵炎の可能性が高いので反対らしいです。
しばらくは(炎症が消えるまで)はERCPは無理なので、その間に消えてくれれば良いのですが。

[ 2007/11/16 16:55 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)

膵臓の名医 「後医は名医なり」

皆さんも病院でよくお聞きになると思いますが、

「後医は名医なり」という言葉があります。

骨折などの外傷ではあまり聞きませんが、

内科、特に肝胆膵科ではよく聞きます。

[ 2007/11/14 16:20 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)



最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。