スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

適応外処方

社会保険診療報酬支払基金が9月15日、ウェブサイト上で、適応外処方であってもレセプト審査上認めるとする33事例を公表しました。

審査情報提供事例

日本医師会が各学会から集めた適応外処方の事例を、薬理作用や安全性などに基づいて検討しており、検査、処置、手術などでも同様のリストを示しています。薬剤に関しては2007年9月に47事例(現在は46事例)を発表して以来、2回目の発表です。

医薬品は、その適応や用量について、厚生労働省が承認を与えなければ製造・販売ができない規制品であり、基本的には承認された適応内で、承認された用量に従って投与することになっています。

しかし現場では、効能効果に記載されていない疾患に対しても用いられる場合があり、こうした処方を「適応外処方」と呼んでいます。

日経メディカル オンラインの調べでは、「適応外処方」で多いのは、

順位 薬効名または一般名
(カッコ内は代表的な商品名)
未承認の使用目的
1 H2ブロッカー NSAIDs潰瘍の予防
2H2ブロッカーステロイド潰瘍の予防
3プロトンポンプ阻害薬NSAIDs潰瘍の予防
4レバミピド(ムコスタ)NSAIDs潰瘍の予防
5消化管運動賦活薬(ガスモチンガナトンなど)機能性胃腸症
6中枢性筋弛緩薬(ミオナール、テルネリンなど)緊張型頭痛
7プロトンポンプ阻害薬ステロイド潰瘍の予防
8H2ブロッカー胃食道逆流現象
9ポラプレジンク(プロマック)亜鉛欠乏、味覚障害
10抗不安薬デパスセルシンなど)緊張型頭痛


11 マクロライド系抗菌薬 びまん性汎細気管支炎(DPB)
12マクロライド系抗菌薬慢性副鼻腔炎
13プロトンポンプ阻害薬胃食道逆流症への頓用
14抗不安薬(デパス、セルシンなど)肩凝り
15抗てんかん薬(テグレトール、フェニトインなど)帯状疱疹後神経痛三叉神経痛、慢性疼痛
16β遮断薬(インデラル、ロプレソールなど)甲状腺機能亢進症
17アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬心筋梗塞後の予後改善
18プロトンポンプ阻害薬胃食道逆流症の診断(PPIテスト)
19アスピリン心房細動
20三環系抗うつ薬トフラニールトリプタノールなど)帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、慢性疼痛
21ACE阻害薬誤嚥性肺炎
22アデノシン三リン酸(アデホスコーワ)めまい
23H2ブロッカー機能性胃腸症
24ACE阻害薬2型糖尿病に伴う糖尿病性腎症
24チクロピジン塩酸塩(パナルジン)冠動脈ステント留置後の血栓予防
26スタチン系薬心筋梗塞後の予後改善
27ヒドロキシジンパモ酸塩(アタラックス-P)睡眠障害
28アメジニウムメチル硫酸塩(リズミック)起立性調節障害
29ビタミンC製剤貧血(鉄剤との併用)
30プロトンポンプ阻害薬慢性咳嗽
31塩酸メキシレチン(メキシチール)神経因性疼痛
32ビタミンB12製剤ベル麻痺反回神経麻痺
33スタチン系薬PCI(冠動脈形成術)後の再狭窄予防
34硝酸イソソルビド・テープ薬(フランドルテープ)心不全
35ポラプレジンク(プロマック)口内炎
36アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)ネフローゼ症候群
37ステロイド経口薬癌性疼痛
38ドネペジル塩酸塩(アリセプト脳血管性認知症
39葉酸メトトレキサートの副作用予防
40塩酸シプロヘプタジン(ペリアクチン)食欲不振
40抗不安薬(デパス、セルシンなど)慢性疼痛
42硫酸カナマイシン(カナマイシン)肝性脳症
43ACE阻害薬心肥大
43H2ブロッカー慢性膵炎
45ACE阻害薬ネフローゼ症候群
45ジピリダモール(ペルサンチン)糖尿病性腎症
47メトロニダゾールフラジール偽膜性腸炎
48三環系抗うつ薬トフラニールトリプタノールなど)癌性疼痛
49スルピリドアビリット、ミラドール、ドグマチール食欲不振
50アデノシン三リン酸(アデホスコーワ)不整脈


ビソルボンは適応外処方で出されることが多いのですが、H2ブロッカー(及びPPI)の慢性膵炎への処方も適応外処方です。
確か、前回の調査ではもっと順位が高く20位以内にランクされていたと思います。
その他にも、アタP、デパス、ガスモチンなど膵炎には適応外処方が多いですね。
スポンサーサイト

[ 2009/09/20 11:41 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(2)

小人の靴

グリム童話「小人と靴」……ほとんどの人が小学校で読んだお話です。

正直者がゆえに貧乏な暮らしをしている靴屋の老夫妻が、ある日机の上に靴の材料を出したまま寝てしまったら、翌朝、素敵な靴が出来上がっていました。
その靴を売ったお金で新しい靴の材料を買って机の上においておいたら、翌日また靴ができていました。
それを繰り返すうちに、靴屋は金持ちになりました。
不思議になった靴屋は夜そっとのぞいてみると、裸の小人が現れて靴を作ってくれていたのでした。
そのお礼に靴屋は小人のために服と靴を置いておくと、小人は大変喜んでくれましたが、そのまま消えて、二度と夫婦の前に現れることはありませんでした。

人によっては、老夫婦が若夫婦であったり、小人さんの数がいろいろだったり、最後の夜が感謝祭であったりクリスマスであったりと覚えていますが、あらすじとしてはほとんど同じですね。

小人といえば日本では「一寸法師」のような手のひらに乗るくらいの大きさを想像されることがありますが、西洋の小人はたいてい、伝説・物語などに出てくる体の小さい想像上の人間で、白雪姫に登場するような感じです。
「ロードオブザリング(指輪物語)」に登場するドワーフがイメージしやすいでしょうか。


このお話は、「なぜ、小人が現れたのでしょう?」「どうして小人は服と靴をもらったあと姿を消してしまったのでしょう?」ということを考えるお話なのですが...

The Elves And the Shoemaker (Classic Fairy Tale Collection)The Elves And the Shoemaker
(Classic Fairy Tale Collection)

(2007/03)
John (RTL) Cech

商品詳細を見る


小人が姿を消した理由はともかく(お話としてはこちらが主題ですが...)

「なぜ、小人が現れたのでしょう?」には

「寝る前にマイスリーを飲んだから」でしょうか……(笑)

「マイスリー」は超短時間型の睡眠導入薬で、効き目が早く、
睡眠作用に比べ、抗けいれん作用、筋弛緩作用などは弱い。
持ち越し効果が弱く、翌朝の眠気や不快感が少ない。
薬に対する慣れ(耐薬性)や中止時の不眠(反跳性不眠)も少ない。
といった新しいタイプの睡眠導入剤です。

ほかの薬と違って「マイスリー」や「アモパン」などは”眠くなる薬”ではなく”眠れる薬”ですから、眠る用意が万端に出来て、すぐに布団に入れる状態で服用するのが正しい用法です。

服用してから静かに目を瞑っていれば15分~30分くらいで、プツッとスイッチが切れるように眠れるように出来ています。

超短時間型ですから服用してから30分もグダグダしていると効果はなくなってしまいます。
私の場合は始めに1錠飲んで(+「レンドルミン」×2、「サイレース」×1)、安静にして30分ほどしても眠れなかったらもう1錠足しています。

この「マイスリー」、体内から2時間ほどで消えてしまうので翌日に持ち越すこともなく、いわゆる切れのよい薬として評判も良いのですが...

小人さんが出る
ときがあります=一過性前向性健忘(服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない。)

この小人さん、洗濯や洗い物をしてくたり、お掃除お片づけをしてくれる役立つ小人さんであればいいのですが、
いろんなところに電話をしたり、メール魔であったり、ネットショッピングでいらないものをポチっとしてくれたりする小人さんもいます。

豪快な小人さんは勝手に車の運転をしたり、プロポーズをしたりすることもあるようです。

私の処方してもらってるマイスリーには小人さんがついてこないのですが、長時間飛行機に乗ったり長距離バスに乗るときに服用するのは、突然小人さんが出てこないかドキドキします。(笑)

[ 2009/06/14 19:15 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(2)



最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。